FC2ブログ

あそびべのHARU・ここだけの日々
画家・榎並和春

玄関の生け込み・桜 - 2007.04.15(ポケットの窓から)
NEC_0065.jpg

写メ 「玄関の桜」

はる 2120
 昨日は一ヶ月ぶりにチェロのレッスンに出かける。音楽は一人でやっていてもけっこう楽しいけれど、合奏になると二倍も三倍も面白い。特に下手くそは上手にあわせてもらうと、なんだか凄く上手くなったように聴こえるから不思議だ。

 そうだよな。例えばモーツァルトの名曲といわれるものでも、当時のパトロンの王侯貴族が練習や合奏の楽しみのために、彼に作曲させたものなんだからね。音楽は最高の道楽かもしれないね。

 絵を描くことはたった一人の作業で、これは文章を書くとか、物を作る、アイデアを寝る、ものを考える、といったことと共通する、まぁ半分苦痛の楽しさと言えるかな。

 音楽はこれとは全く違う種類の楽しさだな。まぁ素人がちょこっとかじったぐらいじゃ何ともくちはばったいけれどね。

 作曲となったら違うのかもしれないけれど、ものを作ることは溜め込むかんじ、それに反して音楽は吐き出す感じに近いか。だから演奏家は楽天的な人が多いのじゃないだろうか?誤解があるかもしれないけれど。ストレス発散にはいいように思うね、どうだろうか。




comment(0)

 
secret


カテゴリ
アーカイブ
シンプルアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

あそびべのはる

Author:あそびべのはる
画家・榎並和春です。HPはあそびべのHARU・ここだけの美術館

リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
ポケットの窓から (4075)
未分類 (209)
日記 (942)
ベッドの上の王国 (15)
裸婦クロッキー (166)
作品 (238)
写真 (69)
今日のアトリエ (84)
「家族ごっこ」挿絵 (10)
未選択 (45)
ブログ (58)
you tube (102)
原発 (75)
イタリアスケッチ (21)
画集「こたえてください」1 (24)
「こたえてください」2 (6)
「山峡」挿絵 (7)
動画 (7)
フリーエリア

designed by まて