FC2ブログ

あそびべのHARU・ここだけの日々
画家・榎並和春

再生2 - 2005.04.13(日記)

0417ns2

闘病記10・再生2

はる 1395
 この間誕生日があって、一つ歳を重ねた。確実に老人にむかっている。

 今、藤沢周平や司馬遼太郎を盛んに読んでいるけれど、そこに出てくる年寄りは、五十そこそこで隠居したり、町の顔役で出てきたりする。おいおい何だ、俺と同じ歳じゃないか、エッもう老人かい?と驚く。まぁ昔は今と違って人生50年と言われていた時代だからかもしれないけれど、仕上がりが随分とはやかった。

 う~ん。私なんかはまだまだ何もつかめてはいない。もし今ここで終わってしまったならば、確実に中途半端な人生だったと言われるだろうな。まぁ何年かかっても芸事に、これでいいなんて事はないのかもしれないけれどね。

 後20年やれたとして、さていったい何が見えてくるのだろう。何も完成することはないだろうなたぶん。ただ出来るだけ忠実にその時々の姿を晒してゆこうと思う。それがまぁ、こういった新しい表現手段の面白いところかなと思う。

 ゆっくりと付き合ってくださいな。ではでは。

comment(0)

 
secret


カテゴリ
アーカイブ
シンプルアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

あそびべのはる

Author:あそびべのはる
画家・榎並和春です。HPはあそびべのHARU・ここだけの美術館

リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
ポケットの窓から (4075)
未分類 (209)
日記 (942)
ベッドの上の王国 (15)
裸婦クロッキー (166)
作品 (236)
写真 (69)
今日のアトリエ (84)
「家族ごっこ」挿絵 (10)
未選択 (45)
ブログ (57)
you tube (102)
原発 (75)
イタリアスケッチ (21)
画集「こたえてください」1 (24)
「こたえてください」2 (6)
「山峡」挿絵 (7)
動画 (7)
フリーエリア

designed by まて