fc2ブログ

あそびべのHARU・ここだけの日々
画家・榎並和春

天上の音楽 - 2024.01.26(作品)
405369697_2497968933714733_8360495792748435304_npn.jpg
2023「天上の音楽」F10部分
・・・
昨年末の英和大学でのギャラリートークのリポートの公開の承諾が来たので部分的に二三紹介しよう。若い人たちの声を聴くのは私にとっても凄く励みになります。ありがとうございました。
//////////////////////
「榎並和春さんの講義を聞いて、私自身も「自分が何を目指したいのか」、「何をやりたいのか」はっきりとしたことを掴むことができていないのですが、榎並さんの言葉を受けて、芸術という行為は自分自身を探る一つの手段ということが心に刺さりました。今一度自分自身を見つめ直すきっかけを作るために、美術館等に行って芸術に触れる機会を作るものいいかなと感じた。親に決められた人生、周りにありふれている既成のコースを辿ることは、いい生活は送れるかもしれないが、肝心な自分自身の意志というものがそこにはない。周りに嫌かく言われてその通りに動くのではなく、自分の意思を持って、自分で物事の分別をつけるこ
とが大事だと感じた。」
「自分が絵や作品を見てどう感じたのかを言葉にすることは非常に難しいことだと榎並先生の作品を見比べて感じた。ただ、そういった言葉にならない感情を感じ自分の知っている言葉や感情を組み合わせて説明することで初めてその作品を理解できたと言えるのではないかと感じた。また、絵を見ることは自分の心の中
を知ることであるという先生の言葉に非常に共感した。その作品が好きだということは、自分が何かしらの作品と同じことを考えたりしているということであるので、絵をただ眺めるのではなく最初に行った好きな作品を選ぶ行為を美術館に足を運んだ際は行っていきたいと考えた。」
「榎並さんの講義を通して、絵(芸術)に触れることは自分の心を深く探る行為なのであると理解できた。自分の現状の興味のあることについてや将来について今回の絵を通して考えるきっかけになった。「やり直すことは恥ずかしくない」という言葉を聞いて、様々な進路で必ずしも正しい道に進むことが求められているのではないと思うことができた。挑戦して失敗しても人一倍努力し、自分のやりたいことを見つけることの大切さを学ことができた。自分なりのブリコラージュ的生き方ができれば、後悔のない人生を過ごせると思った。今回の講義で、普段じっくり見ることのない作品に深く触れることができた。その作品から、自分の将来についても考えることのできる貴重な時間を過ごすことができた。」
「今回、展示してある絵を鑑賞する時間が設けられなければ、これからも絵を通して、自分と対話する時間を経験することはなかったと思うので、良い時間を過ごすことができました。絵を見ることは、自分の心の中を見ることであるという発想は今までなく、絵と自分は別のものだと切り離して考えていたので興味深い
視点でした。榎並さんの人生についてのお話の中で、「やり直す」ことは恥ずかしいことではないという言葉が心に残っています。日本の社会は、終身雇用のように一度決めた道をやり切るのが美徳であり、やり直すことが人生の汚点であるかのように扱っていますが、そうではなく、やってみてダメならやり直せばいい
と言ってもらえると、挑戦しやすくなり選択肢が広がるように感じました。一般的に安定したコースに乗ることは楽かもしれないけど、それが本当の自分の幸せに結びつくのかを考えるとそうではないと思いました。」


FC2 ブログランキング  いいね!と思ったら押してください。
comment(4)

 
 
大人はつらいです。ははは。。

 
その「しどろもどろ」な姿を見せることも大人の役目だろうと思います。

 
言葉にするとカッコいいですが、結構しどろもどろですね。

 
榎並さんの言葉を聴くのは、彼らにとってはとても大切な時間になったんだろうと思います。

secret


カテゴリ
アーカイブ
シンプルアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

あそびべのはる

Author:あそびべのはる
画家・榎並和春です。HPはあそびべのHARU・ここだけの美術館

リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
ポケットの窓から (4611)
未分類 (251)
日記 (945)
ベッドの上の王国 (15)
裸婦クロッキー (215)
作品 (585)
写真 (190)
今日のアトリエ (92)
「家族ごっこ」挿絵 (10)
未選択 (45)
ブログ (128)
you tube (115)
原発 (75)
イタリアスケッチ (22)
画集「こたえてください」1 (24)
「こたえてください」2 (6)
「山峡」挿絵 (7)
動画 (11)
フリーエリア
フリーエリア

designed by まて