fc2ブログ

あそびべのHARU・ここだけの日々
画家・榎並和春

ジムノペティ - 2023.02.09(ポケットの窓から)


「ゆめのまにまに」70年は夢の如し。二十歳前後に絵を描き始めた頃は何も考えていなかった。当たり前だけれど、50年後の私など夢にも見なかった。今を生きるのが精一杯だったな。
 大阪の学校をでる頃、ちょうどオイルショックで世の中が急激に不景気なった。就職先も激減して内定取消しもあったようだ。イチゴ白書の歌詞のように もう若くないからと髪を切って就職していった奴も多かった。若気のいたりで当時は何をしてでも生きて行ける気がしていた。普通に就職してサラリーマンなどなる気がしなかった。かといって何の資格も特技もなかった若造にできることなど何もなかったな。多少絵が描けるといってもそんなものは何の役にもたたない。かえって邪魔になるくらいだな。、、、


FC2 ブログランキング  いいね!と思ったら押してください。
comment(0)

 
secret


カテゴリ
アーカイブ
シンプルアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

あそびべのはる

Author:あそびべのはる
画家・榎並和春です。HPはあそびべのHARU・ここだけの美術館

リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
ポケットの窓から (4611)
未分類 (251)
日記 (945)
ベッドの上の王国 (15)
裸婦クロッキー (215)
作品 (585)
写真 (190)
今日のアトリエ (92)
「家族ごっこ」挿絵 (10)
未選択 (45)
ブログ (128)
you tube (115)
原発 (75)
イタリアスケッチ (22)
画集「こたえてください」1 (24)
「こたえてください」2 (6)
「山峡」挿絵 (7)
動画 (11)
フリーエリア
フリーエリア

designed by まて