fc2ブログ

あそびべのHARU・ここだけの日々
画家・榎並和春

三日目です。 - 2022.11.21(ポケットの窓から)




こんな時代に作家であるということはどういう意味がありますか?と尋ねられた。よく分からないのだけど、誰も親を選べないのと同様に生きる時代は選べない。その時を生きる人々にとって今はいつも「こんな時代」ではなかろうか。今ある条件の中で出来るだけの事をするしかないように思います。どんな時でも絵を描く人がいて、絵を観る人がいる。それだけのことのように思います。











iPhoneから送信

FC2 ブログランキング  いいね!と思ったら押してください。
comment(0)

 
secret


カテゴリ
アーカイブ
シンプルアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

あそびべのはる

Author:あそびべのはる
画家・榎並和春です。HPはあそびべのHARU・ここだけの美術館

リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
ポケットの窓から (4569)
未分類 (251)
日記 (945)
ベッドの上の王国 (15)
裸婦クロッキー (215)
作品 (585)
写真 (190)
今日のアトリエ (92)
「家族ごっこ」挿絵 (10)
未選択 (45)
ブログ (127)
you tube (115)
原発 (75)
イタリアスケッチ (22)
画集「こたえてください」1 (24)
「こたえてください」2 (6)
「山峡」挿絵 (7)
動画 (11)
フリーエリア
フリーエリア

designed by まて