fc2ブログ

あそびべのHARU・ここだけの日々
画家・榎並和春

吟遊詩人 - 2022.10.03(作品)

はる 7821
   旅寝の夜話    
                    榎並和春
 人生は帰るあてのない旅に似ている。日々どう生きるか。ただ生活できればいいのか、有名になるとか、地位や名誉が欲しいのか。そうじゃないわけだ。生業として職人になりたいわけでもない。理想を言えば自給自足というのかな、実際に食べ物をそだてるのではなくてね、思想上の自給自足というのか。ああでもないこうでもないと考えながら思考の芽を育てて、絵や文章で表現する。それを世の中に問うて、少しばかりの糧を得る。こういうのを何というのだろう。
昔の画人とか芸人、漂泊者、役者、吟遊詩人、辻音楽師はそんな旅人じゃなかったか。
 さて、今年も甲府のハーパーズ・ミルで個展を開催いたします。ご来廊をお待ちしております。
1952 兵庫県生まれ
1981 山梨大学教育学部美術科卒
1995-96 イタリア研修
1997 以降各地で個展開催 国画会会員
パブリックコレクション
山梨県立美術館 山梨県立大学 山梨英和大学
山梨県教育文化課 神戸市文化課 イタリア・ナルニ市役所

FC2 ブログランキング  いいね!と思ったら押してください。
comment(0)

 
secret


カテゴリ
アーカイブ
シンプルアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

あそびべのはる

Author:あそびべのはる
画家・榎並和春です。HPはあそびべのHARU・ここだけの美術館

リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
ポケットの窓から (4396)
未分類 (232)
日記 (945)
ベッドの上の王国 (15)
裸婦クロッキー (205)
作品 (507)
写真 (176)
今日のアトリエ (92)
「家族ごっこ」挿絵 (10)
未選択 (45)
ブログ (104)
you tube (115)
原発 (75)
イタリアスケッチ (22)
画集「こたえてください」1 (24)
「こたえてください」2 (6)
「山峡」挿絵 (7)
動画 (10)
フリーエリア
フリーエリア

designed by まて