fc2ブログ

あそびべのHARU・ここだけの日々
画家・榎並和春

ドローイング  - 2022.04.04(作品)

はる 7639
 実際に戦争を起こすなんて気違い沙汰だ。アフガンもイラクもベトナムもそうだけど。一人の権力者によって名もない市井の人々の生活が踏みにじられる。敵も味方もない。お互いに取り返しがつかないほど傷つき恨みが残る。まして核など使えば人類は生き残れないかもしれない。それでもなお、戦うのか?
 戦争とは人を殺すのだ。その自覚があるのか。敵は血も涙もない鬼でも悪魔ではない。生み育ててくれた親がいて、可愛い子供がいて、信頼する伴侶がいて、愛する恋人がいる普通の人間なのだ。なぜ殺しあわねばならないのか。「敵がせめてくる」というのがいつもの手段だ。その家族を守るため、国や祖国を守るため、そうやって見えない敵に恐れおののき、なりふり構わず戦地へと押しやられてしまう。よく見てみよう。考えてみよう。勇ましいことをいう政治家に任せていては殺されるよ。

更新時間 : 22:36:19


FC2 ブログランキング  いいね!と思ったら押してください。
comment(0)

 
secret


カテゴリ
アーカイブ
シンプルアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

あそびべのはる

Author:あそびべのはる
画家・榎並和春です。HPはあそびべのHARU・ここだけの美術館

リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
ポケットの窓から (4607)
未分類 (251)
日記 (945)
ベッドの上の王国 (15)
裸婦クロッキー (215)
作品 (585)
写真 (190)
今日のアトリエ (92)
「家族ごっこ」挿絵 (10)
未選択 (45)
ブログ (128)
you tube (115)
原発 (75)
イタリアスケッチ (22)
画集「こたえてください」1 (24)
「こたえてください」2 (6)
「山峡」挿絵 (7)
動画 (11)
フリーエリア
フリーエリア

designed by まて