FC2ブログ

あそびべのHARU・ここだけの日々
画家・榎並和春

プロの絵描きとは? - 2006.09.04(ポケットの窓から)
NEC_0008.jpg

写メ 「南アルプス残照」


はる 1902
 かなり前に各地のデパートで企画展をやっている「○○センター」という会社のオーナーから連絡があって、うちにも絵を預けませんか?という話だった。

 まぁそういったことはままあることで、デパートの画廊といったところで、内実はそこの場所を借りているだけであって、その大手のデパートが全て実際に企画をうって展覧会をやっている訳ではない。

 そういえば、デパートの大きなブランドなんかも単にテナントで、スペースを貸しているだけに過ぎない。それはそれで仕方がないことかなと理解した。

 で、実際にその社長自らが車を運転して、自宅に絵を取りに来て、形ばかりの契約をむすんだ。何点持っていったかな?あまり覚えていない。何かどやどやと来て、すたこらと帰っていった。

 後日都内のデパートの催事場で展覧会をやっているというので、どんなものか観にいった。自分の絵を見知らぬ売り子が説明して売りつけてきた。「この作家は無名ですが、そのうち名前がでます」とか「貧乏で絵の具が買えないので、自分で絵の具を作っている」とか・・。

 デパートで絵を売るというのはそういうことだったのかとがっかりした。何点かは売れたようだけれどね。

 まぁどう綺麗事をいっても絵は売らなければ趣味ということになる。他で安定した収入があるならそれでいいのだけれど、絵描きというのはそういった仕事だろう。

 それでも、何か釈然としない。私の絵は商品か?売れりゃ誰でもいいのか?私はプロの絵描きか?


 それ以来そことは付き合っていない。



FC2 ブログランキング  いいね!と思ったら押してください。
comment(0)

 
secret


カテゴリ
アーカイブ
シンプルアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

あそびべのはる

Author:あそびべのはる
画家・榎並和春です。HPはあそびべのHARU・ここだけの美術館

リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
ポケットの窓から (4102)
未分類 (219)
日記 (942)
ベッドの上の王国 (15)
裸婦クロッキー (169)
作品 (284)
写真 (104)
今日のアトリエ (85)
「家族ごっこ」挿絵 (10)
未選択 (45)
ブログ (63)
you tube (102)
原発 (75)
イタリアスケッチ (22)
画集「こたえてください」1 (24)
「こたえてください」2 (6)
「山峡」挿絵 (7)
動画 (8)
フリーエリア
フリーエリア

designed by まて