fc2ブログ

あそびべのHARU・ここだけの日々
画家・榎並和春

カウマンガイ - 2021.07.26(ポケットの窓から)


はる 7390
 戦前の日本の価値観の一つは「もったいない」だった。紙一枚、布一枚を最後の最後まで使い切ることが美徳とされた。そこのところを根底から変えたのは敗戦だろうな。アメリカの豊かな物質文明にに毒された。使うこと、消費すること、捨てる事が美徳になった。今のカーボンニュートラルをつきつめて行くと、結局は今の拡大型の消費文化、文明というのを否定せざるを得ないところに行き着く。
新自由主義とかグローバリズムとか聞こえはいいけれど、よく考えると持ったものが持たざる者を徹底的に搾取するという事ではないのか。経済活動は所詮、出来るだけ無駄をさせて、捨てさせて、買わせる。スクラップエンドビルドを繰り返すことで成り立つ社会ではないのかな。
 時流にのって新自由のパソナの平蔵や「無駄遣いさせろ」の電通が幅を利かせているけれど、所詮時のあだ花ではなかろうか。コロナ禍で時代が閉塞して一部の特権を持った人たちだけが優遇されるような社会のありようでいいのか、これを気が付く大きなきっかけとなれば、全くの無駄ではなかろう。

FC2 ブログランキング  いいね!と思ったら押してください。
comment(0)

 
secret


カテゴリ
アーカイブ
シンプルアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

あそびべのはる

Author:あそびべのはる
画家・榎並和春です。HPはあそびべのHARU・ここだけの美術館

リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
ポケットの窓から (4478)
未分類 (238)
日記 (945)
ベッドの上の王国 (15)
裸婦クロッキー (208)
作品 (528)
写真 (178)
今日のアトリエ (92)
「家族ごっこ」挿絵 (10)
未選択 (45)
ブログ (114)
you tube (115)
原発 (75)
イタリアスケッチ (22)
画集「こたえてください」1 (24)
「こたえてください」2 (6)
「山峡」挿絵 (7)
動画 (10)
フリーエリア
フリーエリア

designed by まて