FC2ブログ

あそびべのHARU・ここだけの日々
画家・榎並和春

人生というものは八割の野暮用と二割の実用?でできている。 - 2006.07.16(日記)
はる 1853
 午前中野暮用で出かける。まぁ人生というものは八割の野暮用と二割の実用?でできているのかもしれないな。

 午後から美術館へ。最近美術館はロビーコンサートと名のって日曜日の午後は県内のアマチュア音楽家のコンサートを企画している。

 素人考えで言えば、美大や音大に毎年何十人も進学して、そして卒業して行く。それでそのまま続けて活動している人は奇特な人でほとんどの人が、卒業と共に活動も止めてしまう。

 特に音楽は絵画などと違って気軽に発表の場が確保されないので続けることが難しいのかもしれない。

 芸術一般にいえることなんだろうけれど、日常の中で気軽に楽しむということが最も大切なことで、かしこまって音楽会に行くことだけが鑑賞だとしたら、それはたぶん身につかない飾り物でしかない。

 例えば絵画は日常の中で飾られて、楽しまれて初めて生きてくる訳で、基本的に自分が欲しいと想う絵やオブジェを作っているわけだから、自分の生活空間が一番似合っているというわけだ。

 話を戻せば、こういった音楽会を気楽に企画して聴いてもらう、聴かせる。展覧会とコラボレーションしてそのついでに絵も観てもらうといった活動はこういった公共施設の大事な活動のように思う。

 さて、明日から留守にします。更新は不定期になります。あしからず。



FC2 ブログランキング  いいね!と思ったら押してください。
comment(0)

 
secret


カテゴリ
アーカイブ
シンプルアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

あそびべのはる

Author:あそびべのはる
画家・榎並和春です。HPはあそびべのHARU・ここだけの美術館

リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
ポケットの窓から (4098)
未分類 (219)
日記 (942)
ベッドの上の王国 (15)
裸婦クロッキー (169)
作品 (284)
写真 (101)
今日のアトリエ (85)
「家族ごっこ」挿絵 (10)
未選択 (45)
ブログ (63)
you tube (102)
原発 (75)
イタリアスケッチ (22)
画集「こたえてください」1 (24)
「こたえてください」2 (6)
「山峡」挿絵 (7)
動画 (7)
フリーエリア
フリーエリア

designed by まて