FC2ブログ

あそびべのHARU・ここだけの日々
画家・榎並和春

門つけ芸人 - 2020.02.21(作品)

はる 6868
 私の作品を絵だとすると何か違う。オブジェ、シンボルとか印、マーク、イコンのようなものだろうか。〇とか□とか△でもよい。そんな絵があってもいいのじゃないかな。反対に絵を絵らしくかく上手な作家は数えきれないほどいるわけで、だいたい子供のころから絵が上手な人が大学などでさらに磨きをかけて競い合うわけだ。もう誰の追従も許さないくらいになれば黙っていてもこの世界では売れっ子になれるだろうな。

 私のことを振り返ると、絵などそれほど上手でも得意でもなかった。高校卒業するまで絵など一枚も描いていない。大体高校で選択した芸術は音楽だった。かといってむろん音楽を専門にやれるほどの何もなかった。そこらへんにい普通のぼんくら学生だった。今もあまり変わんけどな。

 今でもそうだけど、物を作ることは好きだった。与えられた条件の中で最大限面白いものを作って人を驚かすというようなことが得意だったな。それと文章だけれど自分のことを考えるときに自分の中にある言葉をつなぎ合わせて心の中を語って行く日記みたいなものが好きだった。この日記を書くという習慣は中学生の頃からの習慣だな。書いているうちに心の中が整理されてゆくというのは今絵を描いて自分を見つけるというのとよく似ている。これも自分なりの方法だと思う。

 絵が自分を探してゆく過程で出てきたものだとするなら、上手である必要なない。むろんうまいにこしたことはないけれど。案外不器用で下手くそな方がいい味を出すようなきもする。何かを描写する必要もない。絵を描く例えばクロッキーしているときと使うセンスとは明らかに違う。あるものはなんだろうな。これだけは必要というのは。

 自分とは何なのか?この感情はどこから来たのか?なぜこのことが不安なのか?こう考えるはどうしてだろうか?という風なまぁそれが「こたえてください」というテーマにつながって行くのだろうけれど、どこまで行っても尽きないのは自分への興味というのか、自分を含めて人間への興味だろうかね。それを何とか表現したいという欲求だろうか。それがとにかく私を動貸している気がする。

 それでは具体的に必要なセンスというとなんだろうか。とにかく全体を統一する理を持つことかな。具象であれ抽象であれ、その作品を成り立たせている統一された理があればいい。

FC2 ブログランキング  いいね!と思ったら押してください。
comment(0)

 
secret


カテゴリ
アーカイブ
シンプルアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

あそびべのはる

Author:あそびべのはる
画家・榎並和春です。HPはあそびべのHARU・ここだけの美術館

リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
ポケットの窓から (4097)
未分類 (219)
日記 (942)
ベッドの上の王国 (15)
裸婦クロッキー (169)
作品 (284)
写真 (101)
今日のアトリエ (85)
「家族ごっこ」挿絵 (10)
未選択 (45)
ブログ (63)
you tube (102)
原発 (75)
イタリアスケッチ (22)
画集「こたえてください」1 (24)
「こたえてください」2 (6)
「山峡」挿絵 (7)
動画 (7)
フリーエリア
フリーエリア

designed by まて