FC2ブログ

あそびべのHARU・ここだけの日々
画家・榎並和春

今日のアトリエ - 2019.10.29(ポケットの窓から)



はる 6753
 知り合いの娘さんが亡くなった。まだ二十代の若さだ。若い人が亡くなったというだけで泣けてくる。知り合いだから特にそうだ。二十代といえば前途洋々。本当にこれから色んな事があって、もちろんつらいことも、いやなこともあるだろうけれど、生きてさえいればすべてが許される気がする。薄情だけど、我々の年代以上の人間が亡くなってもそれほど悲しくない。若いというだけで悲しくなる。


iPhoneから送信

FC2 ブログランキング  いいね!と思ったら押してください。
comment(2)

 
 
そう、自分の20代をを振り返ります。あれから40年も経ったんですね。

 
僕が退院したら、友人が「生きてるだけで、丸儲け」と言いました。なるほどなあ、と納得しました。若い人が死ぬのはつらいなあ。

secret


カテゴリ
アーカイブ
シンプルアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

あそびべのはる

Author:あそびべのはる
画家・榎並和春です。HPはあそびべのHARU・ここだけの美術館

リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
ポケットの窓から (4099)
未分類 (219)
日記 (942)
ベッドの上の王国 (15)
裸婦クロッキー (169)
作品 (284)
写真 (103)
今日のアトリエ (85)
「家族ごっこ」挿絵 (10)
未選択 (45)
ブログ (63)
you tube (102)
原発 (75)
イタリアスケッチ (22)
画集「こたえてください」1 (24)
「こたえてください」2 (6)
「山峡」挿絵 (7)
動画 (7)
フリーエリア
フリーエリア

designed by まて