FC2ブログ

あそびべのHARU・ここだけの日々
画家・榎並和春

時間というのは不思議なものだ - 2005.01.15(日記)
はる 1307
 時間というのは不思議なものだ。確かに子供頃の時間と今の時間は絶対的には同じなんだろうけれど、明らかに違う。どこかで聞いたけれど、50歳の時間は一歳児の五十分の一だそうだ。そういえばそうかもしれないなぁ。

 生まれて一歳になるまでに学習することは大変な量で、確かに今の我々の五十倍は学習しているように思える。反対にいえば日々新しい刺激のない生活というものは、時間も早く過ぎるということだな。何やらそんなところからも一つの教訓が得られそうだ。

 昨日、学生の頃にお世話になった事務のおばちゃん(失礼)が、定年退職になって、自宅を改装してギャラリーを作ったというので、お祝いも兼ねて出掛けた。そろそろ私の周りにも、定年退職という言葉が聞かれるようになって、やや寂しい。

 卒業してからほとんど会ったこともなかったのだけれど、私のことはよくおぼえていてくれて、昔話に涙を流してよろこんでくれた。二十も半分過ぎた頃に入学したおじさん学生だったから、彼女とそう年も離れていなかったということもあって、覚えていてくれたのかもしれない。

 ギャラリーそのものは自宅の応接間のようで、商売として画廊を経営するわけでもないので、家庭的な雰囲気でいいのじゃないかなぁと思った。

 長い老後をどうやって楽しむかというのが、これからのテーマになってくるだろうからね。そういった意味で自宅をそういう風に改装して利用する人が増えるようにおもう。例えば、庭が好きな人は「ガーデニングサークル」とか紅茶が好きな人が集まって「ティーセレモニー」とか「和菓子とお茶」とか、ただ集まっておしゃべりするだけでもいい、そういったサークル、クラブのようなものが益々増えてくるだろうな。

 おしゃべり好きな(おばちゃん?)だから、多くの人が集まってくる空間になるでしょう,楽しんでくださいな。また会いましょう。ではでは



FC2 ブログランキング  いいね!と思ったら押してください。
comment(0)

 
secret


カテゴリ
アーカイブ
シンプルアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

あそびべのはる

Author:あそびべのはる
画家・榎並和春です。HPはあそびべのHARU・ここだけの美術館

リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
ポケットの窓から (4102)
未分類 (219)
日記 (942)
ベッドの上の王国 (15)
裸婦クロッキー (169)
作品 (284)
写真 (104)
今日のアトリエ (85)
「家族ごっこ」挿絵 (10)
未選択 (45)
ブログ (63)
you tube (102)
原発 (75)
イタリアスケッチ (22)
画集「こたえてください」1 (24)
「こたえてください」2 (6)
「山峡」挿絵 (7)
動画 (8)
フリーエリア
フリーエリア

designed by まて