FC2ブログ

あそびべのHARU・ここだけの日々
画家・榎並和春

ポケットの窓 - 2019.07.07(ポケットの窓から)


はる 6640
 なんだろうね、こういうのはいつの間にかたまって行く。右の方にあるのは一応神棚もどきでね。毎日水を換えてパンパンとやる。特に何があるわけではないが、生田神社のお札がある。それから散歩の途中で拾った仏さんに似た石ころそんなものが徐々にふえて神棚もどきになった。

 実は二階には仏壇もどきがあって、正式の仏壇ではない。ただ線香たてがあって水があって毎朝線香と水を換える。両親の写真が飾ってあってこれもパソコンから適当な写真を出力した。般若心経を一応となえる。習慣だから特に信仰があるわけではない。それでいいと思っている。自分達はどうするのか?まぁお墓もいらない、葬式もいらない、どこか海にでも散骨すればいい、後に残った人が困るなら簡単な家族葬でいい。残った絵はすべて欲しい人にあげて、後は産業廃棄物で処分してもらって結構だ。生きていた間に充分楽しませてもらったから何も悔いはない。証などなにもいらない。

FC2 ブログランキング  いいね!と思ったら押してください。
comment(0)

 
secret


カテゴリ
アーカイブ
シンプルアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

あそびべのはる

Author:あそびべのはる
画家・榎並和春です。HPはあそびべのHARU・ここだけの美術館

リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
ポケットの窓から (4282)
未分類 (220)
日記 (942)
ベッドの上の王国 (15)
裸婦クロッキー (176)
作品 (336)
写真 (115)
今日のアトリエ (86)
「家族ごっこ」挿絵 (10)
未選択 (45)
ブログ (75)
you tube (107)
原発 (75)
イタリアスケッチ (22)
画集「こたえてください」1 (24)
「こたえてください」2 (6)
「山峡」挿絵 (7)
動画 (8)
フリーエリア
フリーエリア

designed by まて