FC2ブログ

あそびべのHARU・ここだけの日々
画家・榎並和春

鳥飼い」部分 - 2019.04.05(作品)

はる 6547
 平成の世がもうすぐ終わる。30年前昭和が終わる頃にちょうど東京で個展を開催していて、その頃は今よりさらに貧乏だったので、一週間分の生活道具と作品を全部積み込んで大きなワンボックスカーに積み込んで移動していた。夜の八時ごろだったかな、個展も終わって中央高速で帰ろうと銀座あたりをうろうろしていたら、ちょうど皇居の前あたりに迷い込んだらしくて、警察の検問にひかっかってしまった。何もやましい事はしていないのだけれど、私の風体とボックス一杯のガラクタがどうにも言い訳できそうにない。幸いなことに脳天気なカミさんが一緒に居たので無罪放免となった。何だか肩すかしだった覚えがある。あの頃は元号が変わることをそんなに気にしていたっけなぁ。。今回の改元のドタバタは何かから目をそらせるにはもってこいのお祭り騒ぎだったな。彼の穏やかそうな談話と解説に騙された人も多かったようだな。まぁそういうDNAだわさ。さてそうやって目をそらせた大元は何ざんしょ?

FC2 ブログランキング  いいね!と思ったら押してください。
comment(0)

 
secret


カテゴリ
アーカイブ
シンプルアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

あそびべのはる

Author:あそびべのはる
画家・榎並和春です。HPはあそびべのHARU・ここだけの美術館

リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
ポケットの窓から (4099)
未分類 (219)
日記 (942)
ベッドの上の王国 (15)
裸婦クロッキー (169)
作品 (284)
写真 (104)
今日のアトリエ (85)
「家族ごっこ」挿絵 (10)
未選択 (45)
ブログ (63)
you tube (102)
原発 (75)
イタリアスケッチ (22)
画集「こたえてください」1 (24)
「こたえてください」2 (6)
「山峡」挿絵 (7)
動画 (7)
フリーエリア
フリーエリア

designed by まて