FC2ブログ

あそびべのHARU・ここだけの日々
画家・榎並和春

浅草 - 2019.02.10(ポケットの窓から)


はる 6494
 イタリアからお客さんで浅草に行ってきました。私たちがお世話になったご夫婦の子供たちで、ちょうど私たちがいる時に生まれた女の子とお兄ちゃんの兄弟です。もう25年も経っているので当時の面影はありません、というのか覚えていません。初めて会うようなものです。それでも一年一緒に暮らしたというのはどことなく愛着があって、親戚ではないですがそれに似た気持ちが有ります。

 親父が日本人なので片言の日本語がしゃべれるので、コミニケーションがほぼほぼ取れるのでおもしろいかな。まぁ彼らからみると遠い国の爺さん婆さんみたいな感じだろうか。

comment(0)

 
secret


カテゴリ
アーカイブ
シンプルアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

あそびべのはる

Author:あそびべのはる
画家・榎並和春です。HPはあそびべのHARU・ここだけの美術館

リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
ポケットの窓から (4075)
未分類 (209)
日記 (942)
ベッドの上の王国 (15)
裸婦クロッキー (166)
作品 (238)
写真 (69)
今日のアトリエ (84)
「家族ごっこ」挿絵 (10)
未選択 (45)
ブログ (58)
you tube (102)
原発 (75)
イタリアスケッチ (21)
画集「こたえてください」1 (24)
「こたえてください」2 (6)
「山峡」挿絵 (7)
動画 (7)
フリーエリア

designed by まて