FC2ブログ

あそびべのHARU・ここだけの日々
画家・榎並和春

戦時中か? - 2019.02.09(ポケットの窓から)


はる 6493
 今日本屋さんに久しぶりに出かけた。最近は中古の本屋さんばかりを利用していてなかなか新しい本を買うことがない。で、雑誌のコーナーをちらりと覗いたら立って目立つタイトルがこんなのばかりだった。これは戦時中の話ではない。なんで隣の国をボロカスにいうのか、自分の国がそんなに偉いんかと思ってしまうよ。元々はよく考えてお隣から漢字でもなんでも教えてもらった訳だな。それもそうだけれど、自分の国が偉くて、何の根拠もなくすぐれているなどという発想はとことん貧しい。うぬぼれも甚だしい。

 私は愛国者だと自分では思っている。そこらへんの人よりはこの国を愛しているし、大好きだ。だからと言って違う文化を人を国民をけなすのは違うと思うな。結局それは自分たちに跳ね返ってくるわけで、他人の価値を認めない、同質の物しか受け入れない、空気を読むとか忖度につながって行くんだな。今の権力者に上手くのせられているだけというのがどうしてわからんのかな。

comment(2)

 
 
情けない話です。これが国民の総意だとは思いたくないな。一部の声の大きい人に惑わされないようにしないと、勘違いする人も出てくるからな。 

 
まったく。
100パーセント同感です。
しかも、絶対に西洋をけなさない.......。
悲しいコンプレックス.......。
漢字をきちんと考えると見えてくるものがたくさんあるのにね。

secret


カテゴリ
アーカイブ
シンプルアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

あそびべのはる

Author:あそびべのはる
画家・榎並和春です。HPはあそびべのHARU・ここだけの美術館

リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
ポケットの窓から (4075)
未分類 (209)
日記 (942)
ベッドの上の王国 (15)
裸婦クロッキー (166)
作品 (236)
写真 (69)
今日のアトリエ (83)
「家族ごっこ」挿絵 (10)
未選択 (45)
ブログ (57)
you tube (102)
原発 (75)
イタリアスケッチ (21)
画集「こたえてください」1 (24)
「こたえてください」2 (6)
「山峡」挿絵 (7)
動画 (7)
フリーエリア

designed by まて