FC2ブログ

あそびべのHARU・ここだけの日々
画家・榎並和春

はる 6492 - 2019.02.08(ポケットの窓から)


はる 6492
 ピアノがうちに来てから少しコードを弾く練習をしている。ギターコードの弾き語りは高校生の頃、全国的に流行っていた。フォークブームってやつだな。俺たちの頃は誰でも一応簡単なコードの弾き語りはできた。今は押入れの肥やしになっているけどね。あれは一体何だったのだろうな。

 しかし、ピアノは別格だったな。ピアノがポロポロでも弾ける奴は尊敬のまなざしで見られたものだ。ましてピアノの弾き語りができれば完璧だ。しかし、その敷居は相当に高い。まず身近にピアノがなかった。簡単な電子ピアノはあったけどね、これは似ているけれど明らかに違う。

 ピアノでコードを弾いてみると結構いろんなことが分かる。ギターコードではわからなかったことがそうなんだと合点がゆくことが多い。例えばマイナーコード。ギターコードの場合ほとんど何の理解もせず型を覚えて弾いていた。だからネームが違えば一つ一つ覚えなければならなかったのだが、ピアノのコードで照らし合わせてみると同じパターンであることが分かる。要するに一つ覚えれば後は皆同じなんだな。例えばもっと難しいC6とかCメジャー7とかCsusとかCaddなどもパターンは同じなんだな。まぁ分かっていてもすぐには出てこないのだけどな。

 ギターの音も好きなんだけれど、ピアノもいいな。何とか一曲でも歌えるように練習したい。

comment(3)

 
 
飯野さん、俺たちの頃はみんな歌ってましたね。あぁ恥ずかしい。でもまた唄いましょ。

なかのやさん
 そうですか、ピアノが弾けるのは憧れです。是非挑戦してむださい。

 
僕も「押入れの肥やし」をひとつ持ってます。弾き語りでよく歌っていました。ああ、なつかしい。ああ、恥ずかしい。

ピアノ 
ピアノ、いいですね~  「猫ふんじゃった」は弾けます。
私は子供の頃教室に通って挫折、息子にすすめて一緒に頑張ろうと思いましたが挫折、今度は孫が始めたので私の「クラリノーバ」運んだのに挫折で、最近家の倉庫に戻ってきました。まだ未練があります。

secret


カテゴリ
アーカイブ
シンプルアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

あそびべのはる

Author:あそびべのはる
画家・榎並和春です。HPはあそびべのHARU・ここだけの美術館

リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
ポケットの窓から (4075)
未分類 (209)
日記 (942)
ベッドの上の王国 (15)
裸婦クロッキー (166)
作品 (238)
写真 (69)
今日のアトリエ (84)
「家族ごっこ」挿絵 (10)
未選択 (45)
ブログ (58)
you tube (102)
原発 (75)
イタリアスケッチ (21)
画集「こたえてください」1 (24)
「こたえてください」2 (6)
「山峡」挿絵 (7)
動画 (7)
フリーエリア

designed by まて