FC2ブログ

あそびべのHARU・ここだけの日々
画家・榎並和春

「今が永遠」ともいえるか。 - 2006.05.29(日記)
はる 1805
 午後から個展のDMの撮影に知り合いのデザイン事務所を訪ねる。

 昨年は二種類のDMを作った。効果だけを考えると無駄なようだけれど、まぁ楽しいので今年も二種類作るかな。

 DMも躊躇なく捨てられるような物でなく、多少なりとも捨てるのが気が引けるような物を作りたい。自己満足かもしれないけれどね。これも楽しみの一つだからね。

 物事というのは全て繋がっている。裏と表があって一概には言えないことが多いのだけれど、何かの為に今を犠牲にしていると考えるか、今やっていることをそのまま楽しみとしてしまうか、同じ事でも結果が180度違う。

 よく思うのは、人に物をあげる場合。プレゼントすることに「喜び」がすでに隠れているんだな。だからお返しは必要ない。慈善行為なんかでもそうなんだけれど、我々は宗教的な義務感も無いし、本当に他人のことを考えてやれないのは偽善だなどと考える。

 けどねぇ、自分より他人のことを考えられる聖人なんてまぁ普通にはいないね。そうじゃなくてね、慈善行為を楽しんじゃってもいいのじゃないかな。その中に喜びが隠れているんだよ。ちょっと話は違うけれど。

 でまぁ結論としてはだな、「いまがすべて」ということなんだな。「今が永遠」ともいえるか。



FC2 ブログランキング  いいね!と思ったら押してください。
comment(0)

 
secret


カテゴリ
アーカイブ
シンプルアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

あそびべのはる

Author:あそびべのはる
画家・榎並和春です。HPはあそびべのHARU・ここだけの美術館

リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
ポケットの窓から (4102)
未分類 (219)
日記 (942)
ベッドの上の王国 (15)
裸婦クロッキー (169)
作品 (284)
写真 (104)
今日のアトリエ (85)
「家族ごっこ」挿絵 (10)
未選択 (45)
ブログ (63)
you tube (102)
原発 (75)
イタリアスケッチ (22)
画集「こたえてください」1 (24)
「こたえてください」2 (6)
「山峡」挿絵 (7)
動画 (8)
フリーエリア
フリーエリア

designed by まて