FC2ブログ

あそびべのHARU・ここだけの日々
画家・榎並和春

ポケットの窓 - 2018.11.15(ポケットの窓から)


はる 6406
 今日はピアノの引っ越しの相談。古いピアノが誰も引き取り手がない状態であった。もう30年も使われていない状態。本来は毎年メンテナンスをするというのが常識らしい。という訳でまずこれが実際にし使うことが出来るのか、出来るとしてもどの程度メンテナンスればいいのか、料金の問題、移動の問題、などなどプロに実際に観てもらって判断してもらおうとコンタクトをとった。

 なんと見積もりそのものは無料なんだな。相談してみるものだ。さすがにプロで一つ鍵盤を押しただけで「ふふふ」と苦笑い。私にはまったくオカシイとは思えなかったが、プロの耳にはそう聞こえたのだろう。後は推して知るべし。

 最近はこういった古いピアノのリメイクの相談が多いそうだ。昔弾いていたピアノが部屋の片隅に物置場としてオブジェ化している。それを何とか復活したい。老後の楽しみとして少し練習を再開したい。孫がピアノを欲しがっているなどなど。そういえば我々の子供のころやたらそこら中からピアノの練習が聞こえていたな。

comment(0)

 
secret


カテゴリ
アーカイブ
シンプルアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

あそびべのはる

Author:あそびべのはる
画家・榎並和春です。HPはあそびべのHARU・ここだけの美術館

リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
ポケットの窓から (3703)
未分類 (205)
日記 (939)
ベッドの上の王国 (14)
裸婦クロッキー (157)
作品 (183)
写真 (59)
今日のアトリエ (81)
「家族ごっこ」挿絵 (10)
未選択 (45)
ブログ (23)
you tube (98)
原発 (75)
イタリアスケッチ (11)
画集「こたえてください」1 (24)
「こたえてください」2 (6)
「山峡」挿絵 (7)
動画 (2)
フリーエリア

designed by まて