FC2ブログ

あそびべのHARU・ここだけの日々
画家・榎並和春

ポケット - 2018.08.22(ポケットの窓から)


はる 6321
 デパートの展示会を企画する画商さんは結構たくさんいる。私が最初に出会った画商さんもその一人で、いきなり電話がかかって来てその足で直接家まで絵を取りに来た。あれもこれも適当に10点ぐらいえらんで車に積んでもっていった。何でもいいという感じだったな。特に私の絵が気に入ったというかんじでもなかった。

 後日グループ展の案内が来て、都内のデパートで何時いつ展示会やります、といった簡単なDMに私の名前もあった。隠れて見学に行ったけれど、私を作者だと思わない店員は一生懸命私に売り込んできた。いろいろ適当な売り文句をつけてね。漫画のような本当の話。預けた作品は5年ぐらいのうちに全部売れたようだけど、約束は一年以内だったような気がするな。返す気もなかったような感じだ。それでその画商さんとは縁を切った。デパートの画商さんなどこんなものかとがっくりしたな。

 最初大阪のHさんから話があった時は、またこんな話かとまともには取らなかった。聞けば大阪の阪急、銀座の松屋、福岡の三越で企画展示する、それもすべて個展というとてもまともには聞けないような話だ。私のようなほとんど無名の作家が出来るような場所ではないし、やって元が取れるほど売れる自信もない。話だけでも聞いてくださいということで自宅まで来てくれた。話は面白かったな。デパートはただの箱です。それをどう見せるかは私に任せてくれませんか、売れる売れないは私の仕事です。どうです、一緒にやりませんか。と言われて拒む人はいないだろうな。承諾した大きな理由は、私の絵を心底好きだということだな。それから10年経ったけれど、彼は会場に居る時はいつも私の絵を観ている。まじまじと見ている。彼の情熱のコアな部分はこれなんだとおもった。好きであるから人にも勧められるだな。

FC2 ブログランキング  いいね!と思ったら押してください。
comment(0)

 
secret


カテゴリ
アーカイブ
シンプルアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

あそびべのはる

Author:あそびべのはる
画家・榎並和春です。HPはあそびべのHARU・ここだけの美術館

リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
ポケットの窓から (4102)
未分類 (219)
日記 (942)
ベッドの上の王国 (15)
裸婦クロッキー (169)
作品 (284)
写真 (104)
今日のアトリエ (85)
「家族ごっこ」挿絵 (10)
未選択 (45)
ブログ (63)
you tube (102)
原発 (75)
イタリアスケッチ (22)
画集「こたえてください」1 (24)
「こたえてください」2 (6)
「山峡」挿絵 (7)
動画 (8)
フリーエリア
フリーエリア

designed by まて