FC2ブログ

あそびべのHARU・ここだけの日々
画家・榎並和春

今日のアトリエ - 2018.07.30(ポケットの窓から)


はる 6298
 ネットで作画の工程を晒している人がいて興味深くみた。まぁ私もそれに近い事やっているのだけれど、根がいいかげんなもので枯れのようにはいかない。結局その人の人となりがそのまま出るようだな。

 彼の場合古典画法を酷使してまったくイコンと同じように石膏下地を作って金箔を貼りこんで、メノウ棒で磨きこんでという工程を見事なスタイルで再現していた。この黄金背景のテンペラ画というのはちょうど我々が学生だったころに俄かに注目された技法で、西欧の伝統的な油彩画に移行する前に完成された技法だ。ご多分に漏れず非常に興奮して真似したものだ。

 油彩画にも色んな技法があってそれほど詳しい訳ではないが、基本的には一度描きはじめた構図は動かせない。上からどんどん塗り重ねてゆくという工程を繰り返すことで奥深い油彩独特の描写が可能となる。印象派の作家たちはそれを嫌って生乾きの上にどんどん荒描きする即興的な描き方は油彩独特の構築的な、科学的な、リアルな空間の表現からは遠ざかってしまった。

 我々日本人が好きな印象派の作家たちは反アカデミズムの作家集団であって、けっして主流ではなかった。黒田清輝などがヨーロッパに留学した頃にこの印象派が派手に注目されていてアカデミックなヤニ派に対して紫派などといってもてはやされていて、それをそっくり日本に持って帰ってきた。故に日本のアカデミックは黒田たちの紫派が主流となって西欧とは反対になってしまったわけだ。

FC2 ブログランキング  いいね!と思ったら押してください。
comment(0)

 
secret


カテゴリ
アーカイブ
シンプルアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

あそびべのはる

Author:あそびべのはる
画家・榎並和春です。HPはあそびべのHARU・ここだけの美術館

リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
ポケットの窓から (4102)
未分類 (219)
日記 (942)
ベッドの上の王国 (15)
裸婦クロッキー (169)
作品 (284)
写真 (104)
今日のアトリエ (85)
「家族ごっこ」挿絵 (10)
未選択 (45)
ブログ (63)
you tube (102)
原発 (75)
イタリアスケッチ (22)
画集「こたえてください」1 (24)
「こたえてください」2 (6)
「山峡」挿絵 (7)
動画 (8)
フリーエリア
フリーエリア

designed by まて