FC2ブログ

あそびべのHARU・ここだけの日々
画家・榎並和春

雨だ。 - 2018.04.24(ポケットの窓から)


はる 6200
 今日は本当は東京で審査の日。私は仕事が休めないので昨日とんぼ返りしてきた。暇人なのにそれなりに忙しい。東京の公募展は年に一度の絵描きのお祭り。全国からそうとうな絵描きが集まってくる。昔はその中にいることが凄く高揚感があって面白かった。画集やカタログでしか見たことがなかった作家と話が出来たりできたりすることが、何か別世界に居るような華々しさがあったな。それも有る種の自己満足だけれどね。やらない人間にはまるで関係のない事だけれどね。しかし、いざ自分がその中に入ってしまうとただ夢を見ていたんだなという感慨しかない。夢を見せてくれただけでもよかったのかな。

 他のブログに面白い話が出ていた。
「竹熊 健太郎 (著) フリーランス、40歳の壁――自由業者は、どうして40歳から仕事が減るのか?」
この本読んでみたい。自由業は40代で仕事が減るらしい。40代は新人でもないし、若くもない。そこそこのキャリアで単価も高くなってきている。そこそこの技術なら若いそして安い新人を使うというわけだな。絵描きの場合も同じような事が言えるかな。今やたらと新人が受けている。若いそれこそ学校でたてのような新人の需要が多い。まぁそれは分かるわな。同じなら安い方をと誰でも考えるから。商売ならね。

 でもまぁ私なんかの場合、これには当てはまらないなと思う。もともとそんなに売れる作家ではないので比較の対象にはならないのかもしれないけれど、単価も高くないからかもしれないけれどね。昔からそう変わらないな。飛ぶようには売れないしブームになることもないけれど、欲しいという人は少しはいるようだ。ありがたいことだけれど。作家としてのスタンスが自分の生き方とリンクしているので歳を経ることがそのままスタイルになってゆく。より強固に自分の生活のスタイルというのが絵に反映して行く訳だから当然だろうな。反対にいえばどうして他の人はそうしないのか、不思議だな。目や耳や技術など歳とともに衰えてくる。そんなものだけに頼った作品などいつかは描けなくなるのだな。年食って自然に衰えてそれでも尚且つ他人に良いと想ってもらえる物が本物だろう。そういう作家でありたい。

comment(0)

 
secret


カテゴリ
アーカイブ
シンプルアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

あそびべのはる

Author:あそびべのはる
画家・榎並和春です。HPはあそびべのHARU・ここだけの美術館

リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
ポケットの窓から (4075)
未分類 (209)
日記 (942)
ベッドの上の王国 (15)
裸婦クロッキー (166)
作品 (236)
写真 (69)
今日のアトリエ (84)
「家族ごっこ」挿絵 (10)
未選択 (45)
ブログ (57)
you tube (102)
原発 (75)
イタリアスケッチ (21)
画集「こたえてください」1 (24)
「こたえてください」2 (6)
「山峡」挿絵 (7)
動画 (7)
フリーエリア

designed by まて