FC2ブログ

あそびべのHARU・ここだけの日々
画家・榎並和春

ポケットの窓から - 2018.04.14(ポケットの窓から)


はる 6190
 地元の町内会の最小組織に組というグループがある。ここ山梨に来るまでそんなくくりが未だにあることが信じられなかったけれど、まぁ自治会組織のことだな。何をするわけではないのだけれど、河川の清掃だとか、花見のお祭りとかお盆さんをやるとか、月々の有価物の回収などこまごまと決められている。面倒だと言えばその通りなんだけれど、地域で生きるというのはそういう事だろう。

 大きな行事の一つの同じ組内で葬儀が出た時だ。最近はセレモニーホールなどといって第三者機関にお任せすることが主流だけれど、昔ながらの葬式をやる人もいる。そうすると組からお手伝いにまわるというわけだ。今日はその組内に葬儀がでた。まぁ簡易的なホールを使っての葬儀なのでそんなにお手伝いしなければならないことはないのだけど、面倒だ。明日も一日取られてしまうだろう。

 組長が順番にまわってくるのだが、自分が組長の時に葬儀が出ると結構厄介だな。まぁ自分の組も私を含めて年寄りばかりの集まり、子供姿がみえない。少子高齢化がそのまま見える。

comment(0)

 
secret


カテゴリ
アーカイブ
シンプルアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

あそびべのはる

Author:あそびべのはる
画家・榎並和春です。HPはあそびべのHARU・ここだけの美術館

リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
ポケットの窓から (4075)
未分類 (209)
日記 (942)
ベッドの上の王国 (15)
裸婦クロッキー (166)
作品 (236)
写真 (69)
今日のアトリエ (83)
「家族ごっこ」挿絵 (10)
未選択 (45)
ブログ (57)
you tube (102)
原発 (75)
イタリアスケッチ (21)
画集「こたえてください」1 (24)
「こたえてください」2 (6)
「山峡」挿絵 (7)
動画 (7)
フリーエリア

designed by まて