FC2ブログ

あそびべのHARU・ここだけの日々
画家・榎並和春

今日のアトリエ - 2018.04.12(ポケットの窓から)


はる 6188
 いま読んでいる本は日本画家のサクセスストーリーというのか、画壇の階段を上がって行く成り上がりの話。まぁ小説だから誇張されてはいいるのだろうけれど、著者は京都芸大出の作家だからまるで見当はずれでもないだろうな。大は芸術院会員、文化勲章から小は地元の美術団体まで、何処まで行っても人間は浅ましい。生きている間に何がしの評価、肩書を欲しがるものなんだな。まぁ自分は関係ないとは言いませんが、身につまされます。

 黒川博行 「蒼煌」

comment(0)

 
secret


カテゴリ
アーカイブ
シンプルアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

あそびべのはる

Author:あそびべのはる
画家・榎並和春です。HPはあそびべのHARU・ここだけの美術館

リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
ポケットの窓から (4075)
未分類 (209)
日記 (942)
ベッドの上の王国 (15)
裸婦クロッキー (166)
作品 (236)
写真 (69)
今日のアトリエ (83)
「家族ごっこ」挿絵 (10)
未選択 (45)
ブログ (57)
you tube (102)
原発 (75)
イタリアスケッチ (21)
画集「こたえてください」1 (24)
「こたえてください」2 (6)
「山峡」挿絵 (7)
動画 (7)
フリーエリア

designed by まて