FC2ブログ

あそびべのHARU・ここだけの日々
画家・榎並和春

今日のアトリエ - 2018.04.01(ポケットの窓から)


はる 6177
 彫刻家の平櫛田中が100歳ぐらいの時に材料になる木材を30年分ぐらいストックしているという話をどこかで聞いた。彫刻に使う木材は乾燥させないとすぐには彫ることが出来ないからだけども、それでも自分の寿命など何するものぞ、永遠に生きるつもりで準備万端にしておく、その気概が凄いな。まぁそんなに一流の人とは別にしても、どうも最近はモチベーションが落ちてきたように思うな。先を考えてしまうのは良くないな。

 団体展に出品しているから年に大きな作品を一点以上描かねばならない。会員になるまでは一年に一回のこのチャンスに掛ける気概というのはなかなか凄いものだった。反対に受賞できなかった時の落胆も凄かったのだけれどね。あれはあれで素晴らしい動機付けにはなったな。会員になってしまうと一気にモチベーションが下がってしまう。まぁ人間だから仕方ないのかもしれないが、まだ私などは個展が中心だから救われているけれど、団体展にしか出していない作家は空中分解しそうだ。

 この間どこかのブログ、絵のコレクター向けの記事だったのだけれど、どんな作家を買って行けばいいのかという特集だった。その中で買ってはいけないのは日本の団体展の作家、特にそれだけに固執して号いくらみたいなことばかりを気にして、団体展の中のヒエラルキーだけに固執しているような日本の作家はだめだみたいなことが書かれていた。号いくらなどという定価表みたいなものを自分の個展会場に堂々と置いている作家が居るけど、詐欺みたいなもんだな。その値段で売るのは。肩書で商売するなということか。

 まぁ売れることが全てではないけれど、売れないと仕事にはならないからな。

comment(2)

 
 
 ありがとうございます。150年ぐらい生きるつもりでがんばりましょう。田中さんのアトリエは有名ですね。一度伺いたいです。

 
http://denchu-museum.jp/archives/2498
これですね。
田中さんの美術館はとてもいい佇まいで、おすすめですよ。この木をみるとやる気が出ます。
機会があったら是非。
梅の季節がおすすめかな。(中庭にいい梅の木があるので)

secret


カテゴリ
アーカイブ
シンプルアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

あそびべのはる

Author:あそびべのはる
画家・榎並和春です。HPはあそびべのHARU・ここだけの美術館

リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
ポケットの窓から (4075)
未分類 (209)
日記 (942)
ベッドの上の王国 (15)
裸婦クロッキー (166)
作品 (236)
写真 (69)
今日のアトリエ (84)
「家族ごっこ」挿絵 (10)
未選択 (45)
ブログ (57)
you tube (102)
原発 (75)
イタリアスケッチ (21)
画集「こたえてください」1 (24)
「こたえてください」2 (6)
「山峡」挿絵 (7)
動画 (7)
フリーエリア

designed by まて