FC2ブログ

あそびべのHARU・ここだけの日々
画家・榎並和春

おぼろ月 - 2018.01.30(ポケットの窓から)


はる 6126
 これも独り言
 絵を描く才能はないな。絵だけのことを考えたらほとんど絵描きが私より描けるだろう。アイディアも私より奇想天外なものを持っている人はそれは星の数ほどいる。私のアイディアなど常識から外れる物ではない。さて私のやっていることはなんだろう?

 見えた物を見えたように表したいとも思っていない。それは単に周りを写した写生にすぎない。そんなものに大した価値はない。私の中にまだ見たことがない、気づいてさえいないものがある。それを絵を描くことで見つけたい、発見したい。どんどん掘り進んで本当の源泉(オリジン)までたどり着きたい。絵を描くとは自分を発見する道具だと思っている。未だにまだ見たこともない自分を見つけて驚きたい、面白がっていたい。面白いから続いている、面白くなくなったらやめる。

 絵は描かれたものだけれど、そこに描かれたピエロや音楽家に大した意味はない。それは私の考える色や形の仮の姿なんだろう。一筆一筆自問する、この形はありますか?この色はありますか?わざとらしくないですか?そういたった問いかけの総体が私の表現のように思う。

 

FC2 ブログランキング  いいね!と思ったら押してください。
comment(0)

 
secret


カテゴリ
アーカイブ
シンプルアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

あそびべのはる

Author:あそびべのはる
画家・榎並和春です。HPはあそびべのHARU・ここだけの美術館

リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
ポケットの窓から (4104)
未分類 (219)
日記 (942)
ベッドの上の王国 (15)
裸婦クロッキー (169)
作品 (285)
写真 (104)
今日のアトリエ (85)
「家族ごっこ」挿絵 (10)
未選択 (45)
ブログ (63)
you tube (102)
原発 (75)
イタリアスケッチ (22)
画集「こたえてください」1 (24)
「こたえてください」2 (6)
「山峡」挿絵 (7)
動画 (8)
フリーエリア
フリーエリア

designed by まて