FC2ブログ

あそびべのHARU・ここだけの日々
画家・榎並和春

コエン - 2018.01.27(ポケットの窓から)


はる 6123
 デパートで個展をやるとそこの係りの店員さんは「○○先生」と呼ぶ。まぁこれは慣例でそういう仕来りになっているのだと思われるが、最初は凄く違和感があった。まだ何事か偉大なことを成し遂げたわけでもないので「先生」と呼ばれるほど偉くはない。当分これからも。

 ところで驚いたことに「先生」と呼ばれないと怒る人がいるということだ。そうなるとまるで笑い話のようだな。いったい「先生」というのはどういう意味なんだと疑ってしまう。長い時間一つの事に関わって何かしらの結果を出して、とりあえず人並み以上の人格を備えた人間を先生というなら納得できるのだが、ただの絵描きに先生はないだろう。

 

 

FC2 ブログランキング  いいね!と思ったら押してください。
comment(0)

 
secret


カテゴリ
アーカイブ
シンプルアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

あそびべのはる

Author:あそびべのはる
画家・榎並和春です。HPはあそびべのHARU・ここだけの美術館

リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
ポケットの窓から (4102)
未分類 (219)
日記 (942)
ベッドの上の王国 (15)
裸婦クロッキー (169)
作品 (284)
写真 (104)
今日のアトリエ (85)
「家族ごっこ」挿絵 (10)
未選択 (45)
ブログ (63)
you tube (102)
原発 (75)
イタリアスケッチ (22)
画集「こたえてください」1 (24)
「こたえてください」2 (6)
「山峡」挿絵 (7)
動画 (8)
フリーエリア
フリーエリア

designed by まて