FC2ブログ

あそびべのHARU・ここだけの日々
画家・榎並和春

上野の美術館で展覧会の仕事のお手伝い。 - 2006.04.20(日記)
はる 1767
 今日は上野の美術館で国画会の仕事のお手伝い。朝7:21分の東京行きスーパーあずさの指定をとった。電車に乗ったらすぐに夢の中、起きたら新宿をでるところだった。時間は短縮できるらしい。

 東京は午後まで生憎の天気。しかし美術館の中はいつもの春の団体展のシーズンでごった返していた。私はそういった雑踏を尻目に、端っこのエレベータを使って地下三階の搬入口へ向かう。

 展示場が舞台なら、ここは楽屋裏。色んな団体の作品が所狭しと並んでいる。もうすでに審査が終わった会もあれば、今まだ審査の真っ最中のかいもある。裏向けに立てかけられたこういった作品を見ていると、何だかむなしいな。

 昔自分で搬入していた頃は、小さく改造したキャンバスをここで大きく組み立てなおしたりして張り直したりしたこともある。そういう意味ではけっこう懐かしいところかなぁ。

 上野の東京都美術館の展覧会も今年で最終となる。来年度からは六本木の新しい広い美術館になるそうだ。会場も広くなって展示の方法も変わるらしい。どうなるのか少々不安。

 今日の私の仕事は展示作品の題名と名前を決められた名札に書いてゆくこと。字がへたくそな私には拷問のような仕事だ。他の人はもっと大変な仕事をしているので、比較的楽な仕事で申し訳なく思う。

 会員や準会員はもうすでに名前が印刷されているけれど、入選者は名前もタイトルも全て書いてゆく。まぁ結構な数で驚く。これを全て展示するのはどえらい仕事だな。

 ということで、仕事が終わったのは四時過ぎ頃になってしまった。普段怠けているのでこういった根を詰めたしごとはめ一杯つかれる。ということで、予定していた展覧会も一つも見ず、六時のあずさの乗って帰って来た。道中はまた眠ってしまった。おわり。


FC2 ブログランキング  いいね!と思ったら押してください。
comment(0)

 
secret


カテゴリ
アーカイブ
シンプルアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

あそびべのはる

Author:あそびべのはる
画家・榎並和春です。HPはあそびべのHARU・ここだけの美術館

リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
ポケットの窓から (4099)
未分類 (219)
日記 (942)
ベッドの上の王国 (15)
裸婦クロッキー (169)
作品 (284)
写真 (103)
今日のアトリエ (85)
「家族ごっこ」挿絵 (10)
未選択 (45)
ブログ (63)
you tube (102)
原発 (75)
イタリアスケッチ (22)
画集「こたえてください」1 (24)
「こたえてください」2 (6)
「山峡」挿絵 (7)
動画 (7)
フリーエリア
フリーエリア

designed by まて