FC2ブログ

あそびべのHARU・ここだけの日々
画家・榎並和春

- 2017.11.30(ポケットの窓から)


はる 6066
 お世話になっている高校に英語圏の会話の先生がいる。そうだなもうかれこれ10年以上前から各高校に一人以上雇われているのじゃないだろうか。英語圏のネイティブの先生という条件だからアメリカやイギリスに限ったことではなくてオーストラリアとかニュージーランドなどの国など色々な国の先生が在籍した。

 当たり前だけれど、外国の先生という一括りではいかないわけだ。いい加減なアルバイト気分の先生もいるし、すごく熱心に生徒と交流して部活まで生徒と一緒になってやっている先生もいる。半年もたたないうちに日本語がしゃべれるようになる人もいるし、二年経ってもまったく打ち解けず、日本語などまるで話さない人もいる。

 一概に言えないけれど、イギリス人は同じ島国という事もあるのか日本人の感覚と似ているところがあるように思う。比較的にまじめでおとなしい人が多い。反対にアメリカ人は陽気でお調子者がおおい。彼女をすぐに作って日本語も上手くなる奴もいる。こいつらは何しに日本生きているのやらわからん。

 何と言うのだろうか、良くわからん外国のことを勝手に鬼だ畜生だ、やれ攻めてくるだとか、ああ云ったとかこういったというのではなく、やはり実際に会って話をする、お互いに良く知りあうということが何より大切なんだろう。国と国という大義名分で話をするとこじれてしまうが人と人ならそんなにいがみ合うこともない。本当の事を知らせないで、隠して煽って煽って喧嘩するように仕向けているようにおもえてならない。

comment(0)

 
secret


カテゴリ
アーカイブ
シンプルアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

あそびべのはる

Author:あそびべのはる
画家・榎並和春です。HPはあそびべのHARU・ここだけの美術館

リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
ポケットの窓から (4075)
未分類 (209)
日記 (942)
ベッドの上の王国 (15)
裸婦クロッキー (166)
作品 (236)
写真 (69)
今日のアトリエ (83)
「家族ごっこ」挿絵 (10)
未選択 (45)
ブログ (57)
you tube (102)
原発 (75)
イタリアスケッチ (21)
画集「こたえてください」1 (24)
「こたえてください」2 (6)
「山峡」挿絵 (7)
動画 (7)
フリーエリア

designed by まて