FC2ブログ

あそびべのHARU・ここだけの日々
画家・榎並和春

カラス - 2017.11.25(ポケットの窓から)


はる 6061
 世の中の人は若いという事に色々な可能性を感じ夢を託す。芸事の分野でも若いという事は最大限の可能性を持って迎えられる。それに付け加えるなら綺麗でかわいい女性なら最強だ。

 反対に年取った親父というのが一番扱いづらい位置にいる。芸で言えば上手くて当たり前だし、一家言持っていてあたりまえだ。そんなものは珍しくもない。頭が高い。生意気だ。へこたれない。可愛くない。とうぜんうぬぼれが強い。自分の意見を曲げない。居直る。高飛車である。みんな自分に当てはまる。扱いづらいよな。

 余命というのを考えると、今からの活動時間は残り少なくはなっているな。最大限に見積もっても20年ぐらいだろうか。もう私が勝負できる場というのは「長生きの現役の絵描き」という所しかない。少し悲しいけれどね。若い奴に勝てるとすれば、日々淡々と生きて、描いて行けるスタイルを作り上げたという事だけか。

 

FC2 ブログランキング  いいね!と思ったら押してください。
comment(2)

 
 
ははは、少し悲しいね。

 
「現役画家の最年長」。長生きはそれだけでも才能だと思います。

secret


カテゴリ
アーカイブ
シンプルアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

あそびべのはる

Author:あそびべのはる
画家・榎並和春です。HPはあそびべのHARU・ここだけの美術館

リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
ポケットの窓から (4097)
未分類 (219)
日記 (942)
ベッドの上の王国 (15)
裸婦クロッキー (169)
作品 (284)
写真 (101)
今日のアトリエ (85)
「家族ごっこ」挿絵 (10)
未選択 (45)
ブログ (63)
you tube (102)
原発 (75)
イタリアスケッチ (22)
画集「こたえてください」1 (24)
「こたえてください」2 (6)
「山峡」挿絵 (7)
動画 (7)
フリーエリア
フリーエリア

designed by まて