FC2ブログ

あそびべのHARU・ここだけの日々
画家・榎並和春

ポケットの窓から - 2017.11.04(ポケットの窓から)


はる 6040
 昔そうだな私が高校生だった頃、学生紛争が盛んで、ご多分に漏れず高校でも学生集会など開かれて学校側と校則についてやり合ったりしたことを覚えている。その成果として服装や頭髪が自由になったりしたのだが、だからといって着る物もなかったので卒業まで学生服だったな。生活指導の教師などというものは学生たちの絶好の攻撃対象で朝礼などで偉そうなことをしゃべっていると「ナンセンス!」などとやじられたりしていた。

 ところで思い出したのは当時ベトナム戦争が盛んで日本でも「ベ平連」などという団体ができて盛んに活動していた。ビートルズやヒッピーの文化が日本に入ってきて反体制のシンボルとして長髪や髭が流行っていて、これも何だかわからずにカッコいいと真似していたな。今考えると長髪が流行ったのはアメリカの徴兵制に反対するスタイルとして髪を伸ばしていたわけで、徴兵制のない日本でそのスタイルだけ真似しても意味がなかったわけだ。

 反体制のフォークソングも非常に盛んに唄われていた。根底にあったのは「戦争反対」「平和が一番」「ピース、ピース」だとおもうのだけれど、基本的に軍隊を持たない、平和憲法の日本ではほとんど格好だけでアメリカの真似をしていただけだ。そこのところ気づいてはいたけれど、本気で言うやつはいなかったな。

 反戦を訴えるなら、今だな。この胡散臭い連中が牛耳っている政権が血迷ったように進めているのが戦争への道だ。今ここでアメリカさんに着けば戦争になるのは見えている。その時は日本は戦場になる。分かっているのかな。

FC2 ブログランキング  いいね!と思ったら押してください。
comment(0)

 
secret


カテゴリ
アーカイブ
シンプルアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

あそびべのはる

Author:あそびべのはる
画家・榎並和春です。HPはあそびべのHARU・ここだけの美術館

リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
ポケットの窓から (4099)
未分類 (219)
日記 (942)
ベッドの上の王国 (15)
裸婦クロッキー (169)
作品 (284)
写真 (103)
今日のアトリエ (85)
「家族ごっこ」挿絵 (10)
未選択 (45)
ブログ (63)
you tube (102)
原発 (75)
イタリアスケッチ (22)
画集「こたえてください」1 (24)
「こたえてください」2 (6)
「山峡」挿絵 (7)
動画 (7)
フリーエリア
フリーエリア

designed by まて