FC2ブログ

あそびべのHARU・ここだけの日々
画家・榎並和春

今日のアトリエ - 2017.07.06(ポケットの窓から)


はる 5920
 今日は4年ぶりに大腸の検査。もう何度もやってはいるけど検査そのものよりその前の処置が大変で面倒だ。前日はほとんど禅僧のような食事。繊維質の野菜は取らないからもっとシンプルかもしれん。寝る前に下剤を飲んで、次の日当日は朝から何も食べない。その後、水で溶いた下剤を1.8L飲む。これが結構きつい。一升水を飲むと同じ。飲みたくて飲むなら1Lくらい飲んでしまうだろうが、強制的に飲みたくもない液体を飲むのは拷問のようだ。

 ほぼ一時間後に飲んだ水が全て出てしまう。体の中は空っぽになる。そう考えると如何に凄まじい状態かご理解できるだろう。私には胃がないので直接小腸から大腸へと速攻で駆け巡る。ききすぎるのかもしれんな。ちょっとグロッキー状態になる。

 そのまま病院へ。この後の内視鏡による腸内の検査はあまり他人には聞かせたくないな。まぁ要するに人間も口から肛門までつながった一つの管にすぎないということだな。医者は実にあっけらかんと仕事するけれど、患者にとっては一世一代の大舞台だな。

 私は体質的にポリープができやすいようで、毎回小さなポリープをその場で摘出する。良性の物だが小さいうちに取っておいた方が無難だということらしい。70越えたらもうやらずに済ますかな。

FC2 ブログランキング  いいね!と思ったら押してください。
comment(2)

 
 
まったく、病院は治外法権ですね。

 
以前、人間ドックに入った時、医者が「痔」の検査だと言って、指を僕の肛門に入れて来たのには驚きました。医者には何でもないことでも、受ける方には、まさに「一大事」なのですが。

secret


カテゴリ
アーカイブ
シンプルアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

あそびべのはる

Author:あそびべのはる
画家・榎並和春です。HPはあそびべのHARU・ここだけの美術館

リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
ポケットの窓から (4086)
未分類 (219)
日記 (942)
ベッドの上の王国 (15)
裸婦クロッキー (169)
作品 (277)
写真 (99)
今日のアトリエ (85)
「家族ごっこ」挿絵 (10)
未選択 (45)
ブログ (63)
you tube (102)
原発 (75)
イタリアスケッチ (22)
画集「こたえてください」1 (24)
「こたえてください」2 (6)
「山峡」挿絵 (7)
動画 (7)
フリーエリア
フリーエリア

designed by まて