FC2ブログ

あそびべのHARU・ここだけの日々
画家・榎並和春

今日のアトリエ - 2017.07.04(ポケットの窓から)


はる 5918
 自分の絵がどんなところに行き着くのか分からんなぁ。ここ十年にしても少しずつ絵が変わっている。97年にミクストメディアに移行してからもどんどん絵が変わってきた。特に色んなところで個展をして回るようになって小品をたくさん描かなくてはならないような制作パターンになってきた。出来るだけ多くのイメージを思いついただ描きとめる。いい悪いは後で吟味するので深く考えることなくどんどんアイディアを描きとめて行く。そんなふうにしなければ同じような絵が並ぶだけだ。一つ見れば後は皆同じという事になってしまう。描いている本人でさえ飽きてしまう。

 あと二十年描きつづけたとしてどんな絵になって行くのだろうか。本当はアイディアなどもう描きつくしたと思うことがあるんだな。時々個展が終わってあぁもう何にも出てこないなぁ、もし何も出てこなくなったらもう描けないよな。と怖くなるのだけど、やり始めると何となく次が出てくるんだな。これはやらないと出てこないんだ。待っていても出てこない。何か手を動かいしているうちに薄ぼんやりと浮かんでくるものだ。

 みんなそうなのかな。

comment(0)

 
secret


カテゴリ
アーカイブ
シンプルアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

あそびべのはる

Author:あそびべのはる
画家・榎並和春です。HPはあそびべのHARU・ここだけの美術館

リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
ポケットの窓から (4075)
未分類 (209)
日記 (942)
ベッドの上の王国 (15)
裸婦クロッキー (166)
作品 (239)
写真 (74)
今日のアトリエ (84)
「家族ごっこ」挿絵 (10)
未選択 (45)
ブログ (58)
you tube (102)
原発 (75)
イタリアスケッチ (21)
画集「こたえてください」1 (24)
「こたえてください」2 (6)
「山峡」挿絵 (7)
動画 (7)
フリーエリア

designed by まて