あそびべのHARU・ここだけの日々
画家・榎並和春

今日のアトリエ - 2017.07.01(ポケットの窓から)


はる 5915
 先日県内では長く続いている文芸雑誌が送られてきた。そこにもう何年も続けて執筆している知り合いがいる。まぁ昔ながらの趣味のサークルと言えば怒られるかもしれないが、どんなに質が高くてもそれを生業にしていなければ趣味という事になるわな。昔はそういった趣味の文芸誌から突出した作家が何人かがプロとして残って行くというのが一つのパターンだったわな。今でもわりとそうやって出てくる作家がほとんどかな。よく知らないけど。

 しかし、現代のネット世界でいえばそういった文芸サイトみたいなものを利用すれば、紙の媒体ではなくバーチャルでいくらでも発信できる。まぁそれが収入になるかと言えば難しいけれど、単に作品を発表するという道具と考えるならこれほど便利なものはないな。ダイレクトに広く簡単に作品を読んでもらうことができるわけだ。

 問題はそこからだな。

comment(0)

 
secret


カテゴリ
アーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

あそびべのはる

Author:あそびべのはる
画家・榎並和春です。HPはあそびべのHARU・ここだけの美術館

リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
ポケットの窓から (3367)
未分類 (203)
日記 (935)
ベッドの上の王国 (13)
裸婦クロッキー (144)
作品 (129)
写真 (44)
今日のアトリエ (79)
「家族ごっこ」挿絵 (10)
未選択 (45)
ブログ (14)
you tube (96)
原発 (73)
イタリアスケッチ (7)
画集「こたえてください」1 (24)
「こたえてください」2 (6)
「山峡」挿絵 (7)
動画 (1)
フリーエリア

designed by まて