あそびべのHARU・ここだけの日々
画家・榎並和春

no title - 2017.06.23(ポケットの窓から)


スクエア展
はる 5907
 今日はほぼ一日美術館にいました。27回目のスクエア展です。仲間の一番若いメンバーと話をしていたら、この会が始まった頃に生まれたらしい。なんとまぁ、長く続けることは素晴らしい事ですな。

 ↑の写真はメンバーの一人西沢武徳さんの個展の様子。彼とはもう30年ほどの付き合い。この会の前進の頃からのつき合いでした。そもそもこの会がスタートした経緯は、県立の美術館が出来たばかりの頃、県名の若手のグループをしてほしいという美術館からの要請で始まった。当時はまだバリバリの若手だったわけだな。

 彼は昨年末連れ合いを無くしてその追悼の意味を兼ねた作品群。以下に彼のメセージを添付しておこう。
名称未設定 1



comment(0)

 
secret


カテゴリ
アーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

あそびべのはる

Author:あそびべのはる
画家・榎並和春です。HPはあそびべのHARU・ここだけの美術館

リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
ポケットの窓から (3367)
未分類 (203)
日記 (935)
ベッドの上の王国 (13)
裸婦クロッキー (144)
作品 (129)
写真 (44)
今日のアトリエ (79)
「家族ごっこ」挿絵 (10)
未選択 (45)
ブログ (14)
you tube (96)
原発 (73)
イタリアスケッチ (7)
画集「こたえてください」1 (24)
「こたえてください」2 (6)
「山峡」挿絵 (7)
動画 (1)
フリーエリア

designed by まて