FC2ブログ

あそびべのHARU・ここだけの日々
画家・榎並和春

- 2017.06.06(未分類)

はる 5890
 明治以降日本はアジア的な価値観を捨てて西欧化、要するに富国強兵、産業立国を目指した。そのおかげというのかその結果、、働きてとして人は都会に集中的に集まって多くのサラリーマンを生み出した。反対に農地は耕作を放棄されて荒れてしまった。食料は作るものではなくお金を出して買うという生活スタイルが定着した。それが普通の勤め人の生活だわな。

 世界の中でこんなに小さい国でありながら経済大国と言われるようになったのは、明治以降生活スタイルを大きく変えたためだろうな。古いものをどんどん壊して新しいものに変えて行く。そうやって仕事を増やしてまわりまわって自分たちが生きている。すべてが経済というのか(お金)出回っているんだよな。色々言ってもお金がなきゃという事になる。

 原発なんかもそうだな。理屈的には分かっているんだよ。こんなものが堂々と動いているのがおかしいって、また事故が起きればもう日本は住むところがなくなる。早くお終いにしたいのだけど、今はとにかくお金が落ちるから、援助金や仕事がまわってくるから、仕方ないねという事になる。

 農業立国にシフトできるか?と言えば難しいだろうな。産業立国で効率よく稼いできたから今のこの豊かさがあるわけで、食料自給率40%なのはそこに仕事として、産業として人が働いていないからだな。しかし、これからはどうだろう?このまま世界と張り合って産業立国で行けるのか?どうも疑問だな。人口も少なくなるしね。

 人口減の問題も大きいな。若い人が結婚しないもんな。子供を育てられない。育てる環境が育ていない。政治がそんなところ見てないものな。一気に解決する方法などないけど。基本的な考え方、これからのこの国のあり方みたいなものを、ヴィジョンをもっと言えば、こんな国にしたいんだという夢をもっと政治に語って欲しいんだな。

 党利党略、自分たちの利権ばかり、自分の仲間ばかりを優遇するそんなことばかり。そんなことやってる間に日本は滅んじゃうぜ。

 目指すのは北欧型の福祉国家だろうな。国土は狭くても、人口は少なくても、自分たちの食べるものは自分たちで作って、若い人が希望を持って子育てして、地方が農業を中心に活性化してそこに若い人の仕事を見つけて、たおやかにゆっくり暮らして行く。そんな国がつくれればいいな。


FC2 ブログランキング  いいね!と思ったら押してください。
comment(0)

 
secret


カテゴリ
アーカイブ
シンプルアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

あそびべのはる

Author:あそびべのはる
画家・榎並和春です。HPはあそびべのHARU・ここだけの美術館

リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
ポケットの窓から (4098)
未分類 (219)
日記 (942)
ベッドの上の王国 (15)
裸婦クロッキー (169)
作品 (284)
写真 (101)
今日のアトリエ (85)
「家族ごっこ」挿絵 (10)
未選択 (45)
ブログ (63)
you tube (102)
原発 (75)
イタリアスケッチ (22)
画集「こたえてください」1 (24)
「こたえてください」2 (6)
「山峡」挿絵 (7)
動画 (7)
フリーエリア
フリーエリア

designed by まて