あそびべのHARU・ここだけの日々
画家・榎並和春

今日のアトリエ - 2017.04.26(ポケットの窓から)


はる 5849
 詭弁「戦争しないために戦争する」ってオカシイと思う。世論を戦争へと向かわせるのは「簡単な事だ、自分達が外国に攻撃されていると説明すればいい、そして、平和主義者については、彼らは愛国心がなく国家を危険に晒す人々だと公然と非難すればいいだけのことだ。この方法はどの国でも同じように通用するものだ。」ナチスの国家元帥ゲーリング

 あらゆる生物は遺伝子の舟だということを思います。それぞれが自分の遺伝子を出来るだけ遠くまで運ぼうと互いにつぶし合うようにプログラミングされているのでしょうね。シェアするという発想はないのかもしれません。悲し!

 政治家など我欲の強い遺伝子を持った者が世の中を支配するようですね。しかし、ダーウィンによれば必ずしも強い者だけが生き残る訳ではないようです。心優しき哺乳類も生き残るチャンスはあります。したたかに生き残ること、でしょうね。

comment(0)

 
secret


カテゴリ
アーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

あそびべのはる

Author:あそびべのはる
画家・榎並和春です。HPはあそびべのHARU・ここだけの美術館

リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
ポケットの窓から (3369)
未分類 (203)
日記 (935)
ベッドの上の王国 (13)
裸婦クロッキー (144)
作品 (130)
写真 (44)
今日のアトリエ (79)
「家族ごっこ」挿絵 (10)
未選択 (45)
ブログ (14)
you tube (96)
原発 (73)
イタリアスケッチ (7)
画集「こたえてください」1 (24)
「こたえてください」2 (6)
「山峡」挿絵 (7)
動画 (1)
フリーエリア

designed by まて