FC2ブログ

あそびべのHARU・ここだけの日々
画家・榎並和春

- 2017.04.15(未分類)

2017 F6「ほかいびと」
はる 5838
 そんなことを思ったのは、例えば私の字はすごい癖字だ。よく言えば個性的、普通に言えば下手くそ。どんなに丁寧に書いても、いや丁寧に書けばかくほど小学生の低学年のような字になる。

 子供の頃から通知表に字が汚いと毎年書かれていた。そんなことで夏休みには私にだけ硬筆の宿題を出されたことがある。まぁ真似してゆっくり書けばそうでもないけれど、どのみち終わってしまえば元に戻ってしまう。

 書画一致ということばがあるけれど、結局のところ手先の癖というのはこういった部分に現れるのじゃないか。無理してオリジンを探らなくても実は自分の下手くその源泉はここにあるのではないか。字を書くように絵を描けばいいのじゃないか。そんなふうに思う。

 というわけで、このところ習字の筆を持ち出して墨汁で字を書くように絵を描いてみた。どうだろう。



comment(2)

 
 
 鉄斎のように自在に描きたいですね。鉄斎はいい絵を描くには「万巻の書を読んで万里を旅しろ」と言ったとか。。

 
「書画一如」。書も画も、筆を持つ人そのもの。東洋の筆は、より自在に動きますね。

secret


カテゴリ
アーカイブ
シンプルアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

あそびべのはる

Author:あそびべのはる
画家・榎並和春です。HPはあそびべのHARU・ここだけの美術館

リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
ポケットの窓から (4075)
未分類 (209)
日記 (942)
ベッドの上の王国 (15)
裸婦クロッキー (166)
作品 (236)
写真 (69)
今日のアトリエ (83)
「家族ごっこ」挿絵 (10)
未選択 (45)
ブログ (57)
you tube (102)
原発 (75)
イタリアスケッチ (21)
画集「こたえてください」1 (24)
「こたえてください」2 (6)
「山峡」挿絵 (7)
動画 (7)
フリーエリア

designed by まて