FC2ブログ

あそびべのHARU・ここだけの日々
画家・榎並和春

ポケットの窓から - 2017.03.22(ポケットの窓から)


はる 5814
 宅急便屋さんに事前連絡を取って置いて、取りに来てもらう。玄関先まで運び出しておいて用意万端にしておく。こうすれば彼らの仕事もやりやすいだろう。お金出しているんだから当然だとは思わない。よく「お客様は神様です」というけれど、それはお客が自らをさしていう言葉ではない。それは傲慢そのものだ。お客であれば何でも許されるわけじゃない。反対に言えばそんな傲慢な相手はお客様でも何でもないから、縁を切ってもいっこうに構わない。「お客様は神様です」の本意は、私が相手に対して接する態度の戒めとしてあるわけで、逆は必ずしも真ならずというわけだな。

 末端の宅急便の運ちゃんはよくやってくれていると思うな。これだけの荷物を一人でさっさと担いで、てきぱき処理するのだから。それに今まで何年も使っているけど、大きなトラブルは一度もないものな。日本の宅急便は料金も安いし、優れたシステムだと思うな。これがあるからネット販売が可能になったんだから。これとコンビニは商売のやり方を根本から変えたね。

 という訳で、もう私は何もやることがない。後は一週間ほどの滞在だけれど、住人になって京都ライフを楽しみたい。仕事は仕事なんだけれど、それよりもその場所に一定期間滞在してそこの生活を楽しむというのも我々のような定職を持たない移動芸人の特権だね。楽しみだな。。

FC2 ブログランキング  いいね!と思ったら押してください。
comment(2)

 
 
「はれとけ」「日常と非日常」いつもとは違う場所と時を過ごすというのはお祭りのようで楽しいですね。いつもだと疲れますが。。

 
「移動芸人」という言葉は面白いですね。
僕には芸がないので単に「移動人」にすぎませんが。

secret


カテゴリ
アーカイブ
シンプルアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

あそびべのはる

Author:あそびべのはる
画家・榎並和春です。HPはあそびべのHARU・ここだけの美術館

リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
ポケットの窓から (4099)
未分類 (219)
日記 (942)
ベッドの上の王国 (15)
裸婦クロッキー (169)
作品 (284)
写真 (103)
今日のアトリエ (85)
「家族ごっこ」挿絵 (10)
未選択 (45)
ブログ (63)
you tube (102)
原発 (75)
イタリアスケッチ (22)
画集「こたえてください」1 (24)
「こたえてください」2 (6)
「山峡」挿絵 (7)
動画 (7)
フリーエリア
フリーエリア

designed by まて