あそびべのHARU・ここだけの日々
画家・榎並和春

今日のアトリエ - 2017.01.09(ポケットの窓から)
「樹を植える人」

はる 5742
 「木を植える人」の逸話は何処かで聴いていました。実際の話を観るのは初めてでした。結構感動しましたね。根が単純なんでしょう。今の少子化の問題とフランスと日本の政策の違いみたいなものを強く感じました。このままでは必ず行き詰るのに何の手も打たない我が国。今木を植えても遅くはない。

 成人式だったそうだ。ここ最近の祝典のように俄かに馬鹿が騒いでいるようだ。何が面白いのか、あれだけのためにかなりのむりをしているのだろう。まぁ他に楽しい事がなければ分からんでもないか。

 私が二十歳の頃はなにをしたてたのだろうか。成人式のイベントがあることさえ知らなかった。知っていたとしても行く気もなかったけれどね。今の若者とさして変わらない。何をやっていいのか、どうすればいいのか、自分の将来も未来も不安で自分が不甲斐無くて、とりあえずアルバイトばかりしていたような気がする。あのころに戻りたいなどと絶対に思わないな。

 あれから45年も経ってしまった。そうだな今が一番いいかな。やりたいこともあって、それがとても楽しいことで、収入にはあまり結びつかないけれど、それでも何とか生きては行ける。いい感じで暮らしている。健康でさえあればこのまま死ぬまで働ければそれでいいのじゃないかな。末永くお互いの健康を、他にはなにもない。

comment(2)

 
 
 認知症の爺さんのように毎日が新しくあれば一日が一生ですね。楽しみましょう!

 
身体だけは大切にしたいと切に思います。
あと、せめて10年の時間が欲しいのです。

secret


カテゴリ
アーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

あそびべのはる

Author:あそびべのはる
画家・榎並和春です。HPはあそびべのHARU・ここだけの美術館

リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
ポケットの窓から (3368)
未分類 (203)
日記 (935)
ベッドの上の王国 (13)
裸婦クロッキー (144)
作品 (130)
写真 (44)
今日のアトリエ (79)
「家族ごっこ」挿絵 (10)
未選択 (45)
ブログ (14)
you tube (96)
原発 (73)
イタリアスケッチ (7)
画集「こたえてください」1 (24)
「こたえてください」2 (6)
「山峡」挿絵 (7)
動画 (1)
フリーエリア

designed by まて