FC2ブログ

あそびべのHARU・ここだけの日々
画家・榎並和春

今日のアトリエ - 2017.01.07(ポケットの窓から)


はる 5740
 なにを書くかな。何を書いてもあまり変わり映えしないのですが、、、。明日は予報では午後から雨になってその後遅く雪に変わるらしい。この頃はピンポイントで時間も一時間刻みの予報でかなり正確な事を知ることが出来る。もちろんネットの情報ですが、知りたい時に知りたい情報をほぼ的確に知ることが出来るネットは凄い情報革命だな。

 これと物流を組み合わせたネット販売は商売のやり方を根本から変えたように思うな。例えば書籍などいままで本屋でしか買えなかったものが、ネットで検索すればいくらでも探すことができる。かえってマイナーな本など本屋さんに注文するより手っ取り早く確実にゲットできるんだから本屋さんも形無しだ。今まで持っていた本屋のプライドなどなくなってしまった。お店など持たない方が商売がやりやすい、経費もかからないしね。これでますます売れる本や雑誌しか置かないようになるだろうな。

 本屋さんも立ち位置を替えて行く必要があるだろうね。ある種のセレクトショップのような本屋とかカフェのようなセンスのいいお店。オーナーの趣味や嗜好がうかがい知れるそんな雑貨店のような本屋になって行くのではないかな。京都の恵文社一乗寺店はそんな走りだな。

 絵にしても今までのように公募展やコンクールで受賞して名前を売って何とか箔をつけて個展をしてゆくというやり方じゃだめかもしれんな。本当に実力のある人はどんな形でも誰かが見つけて世の中に押し出してくれるのかもしれないけれど、それはほんの一握りの特化された人たちの話だ。そこそこの人間は誰かが見つけてくれるだろうなんて待っていると消えてしまう。そこまで待てない。

 ネットなどを利用してどんどん積極的に世界に打って出た方が結局ははやいのかもしれんな。まぁ私はやらないけれどね。若い人は考えた方がいいだろうな。今日はここまで。また明日。

FC2 ブログランキング  いいね!と思ったら押してください。
comment(2)

 
 
ダーウィンではないけれど、商売これは全ての仕事といっていいかな、如何にして生き残るかの戦いですね。

 
「京都の恵文社一乗寺店」。去年、行ってきました。僕が京都にいるころとはずいぶん変わっていますが、志のある本屋さんであることは変わっていませんでした。

secret


カテゴリ
アーカイブ
シンプルアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

あそびべのはる

Author:あそびべのはる
画家・榎並和春です。HPはあそびべのHARU・ここだけの美術館

リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
ポケットの窓から (4104)
未分類 (219)
日記 (942)
ベッドの上の王国 (15)
裸婦クロッキー (169)
作品 (285)
写真 (104)
今日のアトリエ (85)
「家族ごっこ」挿絵 (10)
未選択 (45)
ブログ (63)
you tube (102)
原発 (75)
イタリアスケッチ (22)
画集「こたえてください」1 (24)
「こたえてください」2 (6)
「山峡」挿絵 (7)
動画 (8)
フリーエリア
フリーエリア

designed by まて