あそびべのHARU・ここだけの日々
画家・榎並和春

FC2 ブログランキング
            
ブログ村 美術ブログランキング

祝6000カウントプレゼント裸婦クロッキーを3点選んで送ります。ご希望者はメールホームに、お名前、ご住所をご記入の上お送りください。メールホーム

- 2016.12.16(ポケットの窓から)


はる 5718
 イタリアから荷物が届いた。前もそうだったけれど住所がほとんど違っている。KOKUBOというのが正確な住所だがKOBUDOとなっている。見た目はよく似ているが日本人の我々にしてみれば全く異なった住所となる。これが漢字だとまるっきり違うので間違えることもないだろう。表音文字と表意文字の違いじゃないだろうか。

 しかし、どうなんだろうか、例えばBOOKと表記した場合、これを一つの塊として見ているわけでつづりを一つ一つ読んでいるわけではないのだろうな。だから我々が本という漢字の形を一つの塊として読んでいるようにBOOKという単語を一つの形、象形として読んでいるのではなかろうか。アルファベットそのものは無意味な形だけれど単語の形はそれなりに意味を持ってくるように思うな。どうだろう。人間の認識機能はそういうふうに出来ているのではないかな。

 もう一つ面白いと思うのは、我々は日本語でモノを考えているわけだ。だから主語もほとんど省いて考えている。わざわざ私はこう考えたなどとはかかない。ところが英語などは主語が明確にある。時制というのもしっかり決められている。ところが日本語は実にあいまいだ。特に時制など過去の出来事でも現在の時制で表記してもおかしくない。反対にすべて・・だった。と過去形にすると妙に違和感が有ったりする。

 だから元々そういった考え方というのが我々には希薄なんだろう。認識できないものはないのと同じなんだな。これをもう少し深めると面白いかもしれない。

comment(0)

 
secret


カテゴリ
アーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

あそびべのはる

Author:あそびべのはる
画家・榎並和春です。HPはあそびべのHARU・ここだけの美術館

リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
ポケットの窓から (3330)
未分類 (203)
日記 (935)
ベッドの上の王国 (13)
裸婦クロッキー (142)
作品 (116)
写真 (42)
今日のアトリエ (77)
「家族ごっこ」挿絵 (10)
未選択 (45)
ブログ (13)
you tube (95)
原発 (73)
イタリアスケッチ (7)
画集「こたえてください」1 (24)
「こたえてください」2 (6)
「山峡」挿絵 (7)
動画 (1)
フリーエリア

designed by まて