あそびべのHARU・ここだけの日々
画家・榎並和春

ポケットの窓から - 2016.11.06(ポケットの窓から)


はる 5678
 そうだな、一週間の内三日ぐらいは朝散歩する。体操をして30分ぐらい河川敷を軽く歩く。雨が降ったり、仕事があったりすると自然にお休みになる。あまりキツイ縛りはないのが続いている秘訣かな。

 2000年に大きな手術をして胃を全摘した。それ以前は体のことなどほとんど考えずに夜型の生活を何年も続けてきた。煙草も吸っていたしな。夜型の生活というのは長く続けると自然に体を壊していることがわかった。長い間にゆっくりと蝕んでいるんだな。ただ夜というのは不思議な力を持っている。だからそれがいいかどうか選択は自分でするんだな。

 その後大きく変わったのは朝がたの健康的な生活になったことだ。それがもう16年続いている。今なら確実に言える。長生きしたいなら朝方にしろとね。自分の表現は長いスタンスで考える領域に入ってきたという事だろうな。

comment(0)

 
secret


カテゴリ
アーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

あそびべのはる

Author:あそびべのはる
画家・榎並和春です。HPはあそびべのHARU・ここだけの美術館

リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
ポケットの窓から (3368)
未分類 (203)
日記 (935)
ベッドの上の王国 (13)
裸婦クロッキー (144)
作品 (130)
写真 (44)
今日のアトリエ (79)
「家族ごっこ」挿絵 (10)
未選択 (45)
ブログ (14)
you tube (96)
原発 (73)
イタリアスケッチ (7)
画集「こたえてください」1 (24)
「こたえてください」2 (6)
「山峡」挿絵 (7)
動画 (1)
フリーエリア

designed by まて