あそびべのHARU・ここだけの日々
画家・榎並和春

今日のアトリエ - 2016.09.15(ポケットの窓から)


はる 5626
 今年もまた新しいテーマを考える時期が来た。ほとんど何も変わらないのだけれど、それでも多少なりとも今の自分を考えるきっかけになる。昨年は」「どこにでもある」これで一年各地をまわってきた。テーマについて聞かれたことはほとんどないけれど、まぁテーマなんてものはまじないみたいなもんだな。それを唱えていると何となくそんな気がしてくるから不思議だ。

 ちなみにここ五年は「日々礼賛」「どこか遠く」「いったりきたり」「あるがままに」それで「どこにでもある」になる。一貫性があるようなないようなもんだな。

 そうだな、今年は「旅の途中」とか「こころの旅」とか「旅の夜話」なんてどうかな。そんなに旅好きでもなんですが、人生を旅の例えるとそんな言葉が出てきました。まだもう少し考えて見ましょ。。

comment(0)

 
secret


カテゴリ
アーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

あそびべのはる

Author:あそびべのはる
画家・榎並和春です。HPはあそびべのHARU・ここだけの美術館

リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
ポケットの窓から (3368)
未分類 (203)
日記 (935)
ベッドの上の王国 (13)
裸婦クロッキー (144)
作品 (130)
写真 (44)
今日のアトリエ (79)
「家族ごっこ」挿絵 (10)
未選択 (45)
ブログ (14)
you tube (96)
原発 (73)
イタリアスケッチ (7)
画集「こたえてください」1 (24)
「こたえてください」2 (6)
「山峡」挿絵 (7)
動画 (1)
フリーエリア

designed by まて