あそびべのHARU・ここだけの日々
画家・榎並和春

FC2 ブログランキング
            
ブログ村 美術ブログランキング

祝6000カウントプレゼント裸婦クロッキーを3点選んで送ります。ご希望者はメールホームに、お名前、ご住所をご記入の上お送りください。メールホーム

今日のアトリエ - 2016.09.12(ポケットの窓から)


はる 5623
 年間に百点ぐらいの小品を描く。まったく新しく下地から作るのが半分ぐらい、あと半分は古い作品をリメイクする。だから基本的には作品は残らない。それでもどうしても壊したくないものが少しずつ残って行く。残った作品は売れ残りではあるけれど、私にとってはすこぶるいい作品であって、手放したくない作品でもある。いつか在庫一掃セールをやるか?

 作品は良くないから残る訳ではけっしてない。反対に売れたからいい作品かといえばそうでもない気がする。そこのところはよくわからない。私などの作品は将来価値が出るとか投機の対象として購入する人はいないわけで、好きだから身近に置いておきたいからという理由だけで買ってもらっている。まぁ凄くありがたい話だ。ここらあたりの話題はあまりしない方がいいのかもしれないが。。

 小品はとても難しい。公募展などの大作は人のことなど考えない訳で、とにかく自分にとっていっぱいいっぱいの絵を描くわけで展覧会が終わればもうほとんど世の中には出てこない。ところが小品は相手がいる。自分だけのためには描いていない。もちろん自分のために描いている部分もあるのだけれどね。

 だからテーマを見つけるのに苦労する。何か物を見て写生するのであれば対象があるわけだからある意味悩むこともすくなかろう。自分の中にないものは描けない。だからと言って自分だけの想いいれをかいても一般性はない。普遍的などこにでもある、誰にでもあるという今回のテーマみたいな話になってしまったけれど、自分を掘り下げてそんなところまで見つめて行かねば鉱脈にはぶつからない。

 私の絵を観てうわべのとっつきやすさや優しく見える上っ面に騙されてはいいけないよ。それはそういう風に装っているだけなんだよ。とこれもあまり話題にしてはファンが減ってしまうかもしれんな。

comment(0)

 
secret


カテゴリ
アーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

あそびべのはる

Author:あそびべのはる
画家・榎並和春です。HPはあそびべのHARU・ここだけの美術館

リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
ポケットの窓から (3333)
未分類 (203)
日記 (935)
ベッドの上の王国 (13)
裸婦クロッキー (142)
作品 (116)
写真 (42)
今日のアトリエ (77)
「家族ごっこ」挿絵 (10)
未選択 (45)
ブログ (13)
you tube (95)
原発 (73)
イタリアスケッチ (7)
画集「こたえてください」1 (24)
「こたえてください」2 (6)
「山峡」挿絵 (7)
動画 (1)
フリーエリア

designed by まて