あそびべのHARU・ここだけの日々
画家・榎並和春

今日のアトリエ - 2016.08.28(ポケットの窓から)


黎明⑤
はる 5609
 自分で自分の生き方を決められない。確かに自分には何が出来るか、何を一生の仕事にすればいいのか、何が好きなのかさえ今一つはっきりしない。分からないというのが本当のところか。好きというのもあいまいだな。どの程度好きなのか、果たして一生それをやり続けられるほど好きなのか、どうか。

 本当は仕事は好き嫌いで選ぶべきではないのかな。生きて行くためにはどうしてもやらなければならない苦役だと考えるなら、仕事なんてなんだっていいということになる。そうであるなら楽な仕事を選ぶよな。

 お金が欲しいというのも一つの動機ではあるわな。出来るだけたくさん稼ぎたい。人より偉くなりたい。小さくてもいい起業してみたい。社長という肩書に憧れるというのもありだな。大学に残って一つの事を研究したい。名前を残したい。業績を残したい。平凡でも幸せな家族を持ちたい。エトセトラ。。

 まぁ何だっていいのだけれど、自分はどうしたいのか、何をしたいのか、そこのところがとても大事なことだな。

comment(0)

 
secret


カテゴリ
アーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

あそびべのはる

Author:あそびべのはる
画家・榎並和春です。HPはあそびべのHARU・ここだけの美術館

リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
ポケットの窓から (3368)
未分類 (203)
日記 (935)
ベッドの上の王国 (13)
裸婦クロッキー (144)
作品 (130)
写真 (44)
今日のアトリエ (79)
「家族ごっこ」挿絵 (10)
未選択 (45)
ブログ (14)
you tube (96)
原発 (73)
イタリアスケッチ (7)
画集「こたえてください」1 (24)
「こたえてください」2 (6)
「山峡」挿絵 (7)
動画 (1)
フリーエリア

designed by まて