FC2ブログ

あそびべのHARU・ここだけの日々
画家・榎並和春

バタフライテーブル - 2006.02.26(日記)

バタフライ1

自作木工作品1「バタフライテーブル」


開いた状態は元々は製図版でした。
moblog_e4ba0439.jpg

 
こういうクサビ型のトメを用意します。
moblog_e8f156ec.jpg 


そのクサビを机の方に穿った穴に差し込むようにします。
色々試してみてこの方法が一番信頼が置けます。
ちなみに机の方もハンドメイドで収蔵庫になっています。
moblog_f63abf75.jpg 

いかがでしょう?試してみてください。



FC2 ブログランキング  いいね!と思ったら押してください。
comment(3)

 
 
工夫したところは開いた時に板を支える棒を、側面に穴を開けて差し込めるようにした←なるほど。勉強になります。
バタフライ部分の天板は穴に棒を差し込んで支えているのですね。

私もこれからバタフライテーブル作りに挑戦しようと思っていて、こちらのテーブルと同じような勉強机タイプにバタフライテーブルを付けようと思っていたのでこの写真を見て励みになりました。
ネットで他に調べてみても、意外とこのような勉強机のような高いテーブルでの改造が見つからなかったので、こちらの写真を見てより作りたいという気持ちが強くなりました。
教えていただいてありがとう御座います。

 
コメントどうもありがとうございました。

 作り方というほどの物ではありません。見たまま、そのままです。厚手の板に塗装して蝶番で留めただけです。工夫したところは開いた時に板を支える棒を、側面に穴を開けて差し込めるようにしたところだけです。言葉でいうのはなかなか難しいですね。まぁ工夫してみてください。では。

 
作り方、すごい知りたいです。
まさに理想。

secret


カテゴリ
アーカイブ
シンプルアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

あそびべのはる

Author:あそびべのはる
画家・榎並和春です。HPはあそびべのHARU・ここだけの美術館

リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
ポケットの窓から (4099)
未分類 (219)
日記 (942)
ベッドの上の王国 (15)
裸婦クロッキー (169)
作品 (284)
写真 (101)
今日のアトリエ (85)
「家族ごっこ」挿絵 (10)
未選択 (45)
ブログ (63)
you tube (102)
原発 (75)
イタリアスケッチ (22)
画集「こたえてください」1 (24)
「こたえてください」2 (6)
「山峡」挿絵 (7)
動画 (7)
フリーエリア
フリーエリア

designed by まて