FC2ブログ

あそびべのHARU・ここだけの日々
画家・榎並和春

今日のアトリエ - 2016.07.30(ポケットの窓から)
はる 5580
 色んな色の布をコラージュします。基本的には綿や麻などの自然素材ですが、最近はそれもあまりこだわらなくなってきた。何故なら接着剤にアクリル系のエマルジョンを使うわけだからね。でもまぁ確かに自然素材の方が水にしっかりなじんではくれます。接着剤ににかわを使うならそこに一貫性がありますが、素材だけ天然ものを使っても自己満足でしかない気がする。

 今を生きる我々はここで生きて考える。表現だけが特別ではない。絵だけ何か特別な材料を使うのはちょっと違うのではないかな。確かに日本には優れた伝統的な画材があります。伝統工芸やそれに近い仕事をするのであればそういった材料を使うのは当然なんでしょう。しかし、長い時間のスタンスで考えると、本来表現というものは特別なものでなく、今その場所で手に入れることが出来るもので表現してきたのではないかな。

 時間やその場所、風土と切り離して表現は考えられないでしょう。アフリカの原住民はそこにある土や木や草で何かしらの表現をした。現代の我々も全く同じじゃないかな。今日常生活で簡単に手に入るものを使って表現するというのが一番今を表現しているのではないかな。

 例えば百年後の人間が私の作品を観て一番感じるのはもちろん時代が描かせた画題もあるだろうけれど、こういった材料からも言えるのではないかな。21世紀の今の日本でしか手に入れられない材料であるかもしれない。

 眠い。

 


comment(0)

 
secret


カテゴリ
アーカイブ
シンプルアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

あそびべのはる

Author:あそびべのはる
画家・榎並和春です。HPはあそびべのHARU・ここだけの美術館

リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
ポケットの窓から (4075)
未分類 (209)
日記 (942)
ベッドの上の王国 (15)
裸婦クロッキー (166)
作品 (236)
写真 (69)
今日のアトリエ (84)
「家族ごっこ」挿絵 (10)
未選択 (45)
ブログ (57)
you tube (102)
原発 (75)
イタリアスケッチ (21)
画集「こたえてください」1 (24)
「こたえてください」2 (6)
「山峡」挿絵 (7)
動画 (7)
フリーエリア

designed by まて