FC2ブログ

あそびべのHARU・ここだけの日々
画家・榎並和春

ポケットの窓から - 2016.07.13(ポケットの窓から)
はる 5563
 作家にはすこし謎の部分があった方がいいらしい。いやそれは私もそう思う。例えばデパートで絵を観るお客さんはそんなに詳しい説明を求めていないだろう、そう思うけれど、質問されると一生懸命説明している自分がいる。出来るなら全部しゃべってしまいたい。出来るだけ分かりやすい言葉で、たとえ話で、伝わる伝わらないは別にしてそうすることが表現する者としての誠意ではないかとさえ思っているのではないか。お客さんにとては多少暑苦しい想いをしたのではないか、反省するのだけれどまた同じことを繰り返しているのだ。まぁ自虐的な暴露癖があるのかもしれんな。

 40年ぐらいかかってある種の理を見つけた。見つけたというのか身につけたというべきかな。カルトみたいだけれどそれを「風の理」とでも命名しておこう。言葉はなんでもいい。それを言葉で説明しようとすると上手く表現できない。反対に具象であれ抽象であれそれがあればOKだというありがたい理だ。私はいつもそれに基づいて判断しているように思う。

 だから表面に現れた技術みたいなものはみんな教えてばらしてしまっても全く問題ないのだ。だれでも私の絵を真似することはできる。同じように描くこともできる。私が絵を描く過程で考えたり見つけたりした言葉が、誰かの心にとどくならそれも嬉しいことだ。

 


FC2 ブログランキング  いいね!と思ったら押してください。
comment(2)

 
 
 表現するのは伝えるため。手段をえらびません。それでこそミクストメディア。

 
僕が書いたものを読んで、すこしでも相手の心に届いたらうれしいですね。書く喜びはそこに在ります。

secret


カテゴリ
アーカイブ
シンプルアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

あそびべのはる

Author:あそびべのはる
画家・榎並和春です。HPはあそびべのHARU・ここだけの美術館

リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
ポケットの窓から (4086)
未分類 (219)
日記 (942)
ベッドの上の王国 (15)
裸婦クロッキー (169)
作品 (277)
写真 (99)
今日のアトリエ (85)
「家族ごっこ」挿絵 (10)
未選択 (45)
ブログ (63)
you tube (102)
原発 (75)
イタリアスケッチ (22)
画集「こたえてください」1 (24)
「こたえてください」2 (6)
「山峡」挿絵 (7)
動画 (7)
フリーエリア
フリーエリア

designed by まて